[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私がウィニングパットを打つんや~」 新ヒロイン19歳川崎春花が経験した純朴V争い

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーで優勝した。6週ぶりのツアー通算2勝目を挙げ、ツアーでも高額の優勝賞金3600万円を獲得。初優勝以降はコースに向かう車内で嘔吐してしまうほど自分にプレッシャーをかけていたが、苦難を乗り切って2勝目を手にした。

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース、通算15アンダーで優勝した川崎春花【写真:Getty Images】
NOBUTA GROUPマスターズGCレディース、通算15アンダーで優勝した川崎春花【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーで優勝した。6週ぶりのツアー通算2勝目を挙げ、ツアーでも高額の優勝賞金3600万円を獲得。初優勝以降はコースに向かう車内で嘔吐してしまうほど自分にプレッシャーをかけていたが、苦難を乗り切って2勝目を手にした。

 1打リードで迎えた最終18番パー4。川崎は8メートルのバーディーパットを残し、「3パットしたらどうしよう」と不安になっていた。だが、ストロークに入る前には「上りスライス。決めたところに打てばいい」と思い、クラブと腕を同調させてヒット。ボールはカップ側に止まり、安堵の笑みを浮かべた。追う河本結(RICOH)のバーディーパットも入らず、川崎は目の前の一打を打つ前にふと思った。

「私がウィニングパットを打つんや~」

 難なく決めた後は、キャップのツバに手をやってニコリ。大阪学院大高ゴルフ部の同期でキャディーを務めた森田彩聖さん(大阪学院大1年)とハグをすると、さらにニコニコになった。

「15番でバーディーを獲った時、『優勝したらハグする』と言ってくれたので、私もそれを楽しみに頑張れました」

 森田さんの目は潤んだが、川崎の目には涙なし。初優勝した時と同じ反応で、会見では「涙は出ないですね。笑っちゃいます」と素直に答え、報道陣を笑わせた。

 18ホールを通して、淡々とプレーしているように思わせていた。側にいる森田さんも「全然、緊張している感じはしなかった」と証言。だが、本人は「めっちゃ緊張していました。1番でいきなり3パットを打って、スコアを書き込む時に手が震えていました」と振り返った。

 前半を終えて、河本とのマッチレース。佐藤心結(ニトリ)も追い上げてきた。そして、15番パー5の第3打に入る前に、佐藤に並ばれたことを把握した。

「リーダーボードが見えて、14アンダーで並んでいるのを確認しました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集