[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳川崎春花は「優勝する選手」と称賛 2位河本結「雰囲気はホワンとしてるけど…」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーで逃げ切り優勝を飾った。同じく首位で出た河本結(RICOH)は70で回り、1打差の2位。ラウンド後は新女王を称賛した。

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース、1打差の2位だった河本結【写真:Getty Images】
NOBUTA GROUPマスターズGCレディース、1打差の2位だった河本結【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーで逃げ切り優勝を飾った。同じく首位で出た河本結(RICOH)は70で回り、1打差の2位。ラウンド後は新女王を称賛した。

 河本が最後まで戦い抜いた。同じ最終組の川崎が1番でボギー。自身はバーディーを奪い、いきなり2打差をつけた。デッドヒートを繰り広げたが、13番でボギー。バーディーを奪った川崎に首位の座を明け渡した。15番でバーディーを奪うなど、諦めることなく最後まで激闘。入れれば望みをつなぐ最終18番のバーディーパットは、カップに数十センチ届かなかった。

 3年7か月ぶりのツアー通算2勝目はならず。ラウンド後のテレビインタビューでは、「素直にこの大ギャラリーさんの中でプレーできたことの喜びとプレッシャーがありましたけど、やっぱりめっちゃ悔しいです」と振り返った。

 ホールアウト直後は川崎とハグ。健闘を称え合った。熾烈な争いを繰り広げた5歳年下の19歳について、「彼女は凄くパワフルなスイング」と称賛。優勝争いで同じ重圧を味わい、「雰囲気はホワンとしている感じですけど、きっと心の中は凄くいろんな葛藤があって、その中で凄く良いプレーをしていたので、本当に優勝する選手だなと思いました」と強さを語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集