[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳新星・川崎春花、2勝目に京都訛りで喜び「最終組でワクワク。始まると緊張した」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーで逃げ切り優勝を飾った。9月の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は大会最年少19歳133日で優勝。6週ぶりに早くもツアー通算2勝目を手にした。

NOBUTA GROUPマスターズGCレディースで優勝した川崎春花【写真:Getty Images】
NOBUTA GROUPマスターズGCレディースで優勝した川崎春花【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディースは23日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位で出た19歳新人・川崎春花(フリー)が5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダーで逃げ切り優勝を飾った。9月の国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は大会最年少19歳133日で優勝。6週ぶりに早くもツアー通算2勝目を手にした。

 出だしは躓いた。川崎は1番でボギー。首位で並んで出た同じ最終組の河本結がバーディーを奪い、いきなり2打差をつけられた。それでも、2番のバーディーでバウンスバック。8、9番でもバーディーを奪い、13番のバーディーで14アンダーとした。このホールで河本がボギー。川崎が単独首位に躍り出た。

 同期の佐藤心結の猛追で並ばれた。しかし、15番パー5の第3打で約50センチにつける好アプローチ。バーディーで再び単独首位に浮上した。重圧のかかる終盤もパープレー。最終18番で数十センチのウィニングパットを沈めると、満面の笑みを浮かべてキャディーと喜びを分かち合った。

 優勝インタビューでは「1勝目を挙げてからこんなに早く2勝目を挙げることができて本当に嬉しいです。優勝してからそのあとの2試合は予選落ち。結構、気持ち的に焦りがあった。その中でこうしてまた勝つことができれ嬉しいです」と喜び。京都訛りが混じり、こう続けた。

「予選落ちした時にもう一度自分の立ち位置とか、自分のゴルフを見直しました。最終日最終組は初めてでワクワクしていたけど、いざ始まると緊張しました。ボギーを獲っても次のホールに引きずらずにいけたのがよかったです。後半に入ってリーダーボードが見えて緊張しました。(18番で)最後は昨日右に行ってしまったので、そこだけ絶対右に行かんとこと思って打ちました。ショートパットをいくつか外してしまったけど、ボギーの後にバーディーで取り返せて自分のゴルフを最後までできた」

 今大会はツアーでも高額の優勝賞金3600万円。日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯も同額のため、川崎は2試合で7200万円のビッグマネーを手にした。「また優勝できるように頑張っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします」と先を見据えた。

 1打差の2位に河本と佐藤。12アンダーの4位に申ジエ、西村優菜が続いた。11アンダーの6位に大出瑞月。吉田優利が10アンダーの7位に入った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集