[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳マリニン、また4回転アクセル成功に五輪女王も衝撃「凄い!あまりに素晴らしい」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが22日(日本時間23日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、男子フリーでは17歳イリア・マリニン(米国)が4回転アクセルに成功した。86.08点のショートプログラム4位だったが、フリーは194.29点で計280.37。暫定トップに浮上した。米記者や五輪選手も「凄い!あまりに素晴らしい」と反応した。

スケートアメリカに出場しているイリア・マリニン【写真:ロイター】
スケートアメリカに出場しているイリア・マリニン【写真:ロイター】

フィギュアスケート・スケートアメリカ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが22日(日本時間23日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、男子フリーでは17歳イリア・マリニン(米国)が4回転アクセルに成功した。86.08点のショートプログラム4位だったが、フリーは194.29点で計280.37。暫定トップに浮上した。米記者や五輪選手も「凄い!あまりに素晴らしい」と反応した。

 マリニンがまたも決めた。冒頭の4回転アクセル。勢いよく前向きに踏み切ると、片足で着氷した。観客から「アウッ!」と叫び声。大きな歓声と拍手を浴びた。ルッツ2本、トウループ、サルコーも跳び、4回転を4種5本も着氷。ファンを沸かせてみせた。

 現地にいる海外記者たちは動画を公開するなど、ツイッターで反応。米名物記者のジャッキー・ウォン氏は「4回転アクセルを成功させると、みんなが30秒間拍手を続けていた」と早速描写した。92年アルベールビル五輪女子シングルの金メダリスト、クリスティー・ヤマグチ氏は「凄い、イリア・マリニン! 見ていてとても楽しかった。あまりに素晴らしく、アメージング」と称賛した。

 14年ソチ五輪女子シングル米国代表のポリーナ・エドモンズ氏は、「4Aを生で見てしまった。信じられない」と衝撃をつづった。マリニンは2022年の世界ジュニア選手権を制し、9月にもUSインターナショナルで4回転アクセル着氷に成功。国際スケート連盟公認大会で世界初となる4回転アクセル着氷だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集