[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ボクシング衝撃の光景 白→赤に変わった“血染めウェア”に海外驚き「真の勇者」

米国で16日(日本時間17日)に行われた女子ボクシングの試合で、王座防衛を果たした選手の試合後に驚きの声が上がっている。IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチで、王者チェルネカ・ジョンソンが挑戦者スージー・ラマダン(ともにオーストラリア)に3-0の判定勝ち。激闘を物語るウェアの色に、海外ファンからは「血が彼女のシャツに」「白なのに」などと反響が集まっている。

IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチの試合前、拳を掲げるチェルネカ・ジョンソン【写真:Getty Images】
IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチの試合前、拳を掲げるチェルネカ・ジョンソン【写真:Getty Images】

海外ボクシングの試合で王者のウェアが血染めに

 米国で16日(日本時間17日)に行われた女子ボクシングの試合で、王座防衛を果たした選手の試合後に驚きの声が上がっている。IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチで、王者チェルネカ・ジョンソンが挑戦者スージー・ラマダン(ともにオーストラリア)に3-0の判定勝ち。激闘を物語るウェアの色に、海外ファンからは「血が彼女のシャツに」「白なのに」などと反響が集まっている。

 試合前とは全く違う。カメラにピースサインを向けるなど、リングに上がる前はリラックスした様子のジョンソン。しかし、ラマダンとの防衛戦は判定までもつれる激闘に。左眉の上を切るなど出血の多かったジョンソンは、着用していた真っ白だったウェアが赤に変色してしまっていた。それでも勝利に嬉しそうな表情を浮かべている。

 実際のビフォーアフター動画をトップランク社公式インスタグラムが公開。「彼女はタフネスさを見せつけた、そして」と文面に記すと、海外ファンからは「彼女のシャツは白なのに」「試合前も後も美しい」「バンドエイドをあげて」「血が彼女のシャツに」「真の勇者」「彼女の額が…」「どうやって切っちゃったの」などとコメントが集まっていた。

 勝った27歳ジョンソンはこれで15勝(6KO)1敗で初の防衛成功。43歳のラマダンは29勝(12KO)4敗となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集