[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米名手がグリーンで珍パット 選択したクラブに再脚光「何で使ったの?」「クレージー」

米男子ゴルフツアー・CJカップが20日(日本時間21日)に米サウスカロライナ州で開幕する。日本開催のZOZOチャンピオンシップを終え、戦いの舞台は再び米本土へ。PGAは過去のCJカップで見られたジャスティン・トーマス(米国)の珍しいパッティングを再びクローズアップ。手にしたクラブと技術に米ファンからは「クレージーだ」「何で使ったの?」といった声が上がっている。

ジャスティン・トーマス【写真:ロイター】
ジャスティン・トーマス【写真:ロイター】

男子米ツアー・CJカップ開幕を前に公開された復刻映像

 米男子ゴルフツアー・CJカップが20日(日本時間21日)に米サウスカロライナ州で開幕する。日本開催のZOZOチャンピオンシップを終え、戦いの舞台は再び米本土へ。PGAは過去のCJカップで見られたジャスティン・トーマス(米国)の珍しいパッティングを再びクローズアップ。手にしたクラブと技術に米ファンからは「クレージーだ」「何で使ったの?」といった声が上がっている。

 カップまでの距離は1メートル。プロならばイージーパットのはずだが、米通算15勝、メジャー2勝の実績を誇るトーマスはグリーン上で2本のクラブを手に素振りを行い、慎重な様子だ。そして選んだクラブはパターではなく、何とウェッジ。そしてすぐさまパッティングに移ると、ボールはわずかに跳ねながら転がり、しっかりとカップインさせた。

 PGAツアー公式インスタグラムは「パターかウェッジか? ジャスティン・トーマスが正しい選択」と題して、過去のCJカップでの復刻映像を公開。この映像をよく見ると、トーマスのボールとカップの間のラインにスパイクの跡がある。トーマスはそのまま普通にパッティングをするとボールがまっすぐに転がらないと判断し、スパイク跡を避けるように浮き球の“パット”を選択したのだ。

 これには米ファンも「自分だったらグリーン越えてる」「なんでウェッジ使ったの?」「これはクレイジーだ」「混乱する」「今はルール変更でこれをやる必要なくなったね」「不必要じゃない?」といった反響が寄せられている。

 なお、2019年のルール改正でグリーン上の修復についても変更があり、現在はボールマークやスパイク跡については無罰で直せるようになっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集