[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「大谷翔平とゲレーロJr.のトレードを誰が断る?」 カナダメディアが衝撃の提案

今季も二刀流で活躍した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手へのラブコールが北米各地から送られている。シーズン終盤には年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約に合意した背番号17に対し、カナダメディアが驚きの提案。ブルージェイズの主砲ブラディミール・ゲレーロJr.とのトレードを持ち出し「誰がこの取引を断る?」と持論を展開した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

カナダラジオ局が驚きの仮想取引

 今季も二刀流で活躍した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手へのラブコールが北米各地から送られている。シーズン終盤には年俸3000万ドル(約43億4000万円)の1年契約に合意した背番号17に対し、カナダメディアが驚きの提案。ブルージェイズの主砲ブラディミール・ゲレーロJr.とのトレードを持ち出し「誰がこの取引を断る?」と持論を展開した。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 カナダのオンタリオ州トロント地元ラジオ局「CJCL」の公式ツイッターは、同局の番組「ザ・JD・バンキス・ポッドキャスト」の動画を公開。電話出演した同局のパーソナリティのベン・エニス氏は「ショウヘイ・オオタニとブラッドをトレードしたら、エンゼルスファンにとっては悲惨だが、衝撃は少し和らぐはず。ブラディミール・ゲレーロJr.を手に入れたのだから」と仰天のトレードを提案した。

 同番組ホストのJD・バンキス氏は「ショウヘイとブラッドのトレードを誰が断る?」と同調。「もし自分がブルージェイズだったら、補助的な選手はいない、と言う。控え選手程度は取引に含めるかもしれないけど、今ロースター入りしている選手だと誰を含めれば良いか分からない。多くは渡さないよ。ゲレーロJr.を差し出すんだから」と強気なトレード案を想像した。

 FAまでエンゼルスでプレーする可能性が高いとされている大谷が、ブルージェイズとの長期契約を受け入れた場合のトレードという前提条件付きの“仮想取引”。エニス氏は「(父の)ゲレーロはエンゼルスで名を上げた。PRとしても素晴らしい」とゲレーロJr.がエンゼルスのレジェンドを父に持つことも指摘。バンキス氏は「自分がブルージェイズだったら(このトレードに)乗り出すね」と大谷獲得を夢見ていた。

 23歳のゲレーロJr.は、2021年に本塁打王を獲得し、同シーズンのMVPを大谷と争った若き強打者だ。今季はトレード期限の8月まで移籍の噂が大きく取り沙汰された大谷だが、シーズンが終わっても、メッツの地元ニューヨークメディアが獲得を提案するなど、各地から熱視線が向けられている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集