[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ボクシングで決着後の一幕が物議 レフェリーも我慢ならず、米専門誌「醜い戦いだ」

ボクシングのスーパーミドル級12回戦が15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われ、前IBF世界同級王者カレブ・プラントがアンソニー・ディレル(ともに米国)に9回KO勝ちを飾った。しかし、決着直後に取った無礼な行動が物議を醸している。実際の映像に米ファンも注目していたが、世界で最も権威ある米老舗専門誌「ザ・リング」も「醜い戦いだった」などと両者の戦いを酷評している。

スーパーミドル級12回戦、カレブ・プラント(左)が9回KOでアンソニー・ディレルを破った【写真:Getty Images】
スーパーミドル級12回戦、カレブ・プラント(左)が9回KOでアンソニー・ディレルを破った【写真:Getty Images】

プラントが勝利後にスコップで土を被せる動き

 ボクシングのスーパーミドル級12回戦が15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われ、前IBF世界同級王者カレブ・プラントがアンソニー・ディレル(ともに米国)に9回KO勝ちを飾った。しかし、決着直後に取った無礼な行動が物議を醸している。実際の映像に米ファンも注目していたが、世界で最も権威ある米老舗専門誌「ザ・リング」も「醜い戦いだった」などと両者の戦いを酷評している。

 決着後の敬意を欠いた行動にも注目が集まった。9回、プラントは接近戦から拳を交錯。ガードが空いたところにアッパー気味の左フックをお見舞いした。モロに入ってKO勝ち。その後、勝者は敗者のそばにゆっくりと歩み寄り、スコップで土をかぶせるような動きを取った。たまらずレフェリーが制止しても、同じ動きをしばらく続けていた。

 米メディアが実際の動画を公開すると、米ファンから「敬意がないね」「レベル10の無礼」と反応が集まっていたが、米ボクシング専門誌「ザ・リング」もこの戦いを記事で酷評している。

 同誌は「それは醜い戦いだった」「ボクシングというよりはレスリングに見えた。お互いが絡み合うシーンが何度も見られた」と、両者の戦いを表現。「ディレルは試合を楽しんでいた。観客を煽り、ウインクをして、プラントをあざけていた。6回にはプラントをバカにして笑う場面も見られた」と“伏線”もあったことを記した。

 プラントが見事にKO勝利を収めた直後については「レフェリーのハービー・ドックは両者のふざけた態度に忍耐を続けていたが、(9回の)2分57秒で試合を終わらせた」「プラントは、倒れたディレルに土をかけるような仕草を見せた」と“埋葬パフォーマンス”についても報じていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集