[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V2古江彩佳、土壇場バーディーを生んだ冷静メンタル「動揺はない。奮い立たす気持ち」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは16日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6689ヤード、パー72)で最終日が行われ、5打差の単独首位で出た22歳の古江彩佳(富士通)が通算16アンダーで連覇を飾った。大会3勝目&日米ツアー通算9勝目。5位で出た20歳の岩井明愛(あきえ・Honda)の猛追を振り切った。

富士通レディースで優勝した古江彩佳【写真:Getty Images】
富士通レディースで優勝した古江彩佳【写真:Getty Images】

富士通レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは16日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6689ヤード、パー72)で最終日が行われ、5打差の単独首位で出た22歳の古江彩佳(富士通)が通算16アンダーで連覇を飾った。大会3勝目&日米ツアー通算9勝目。5位で出た20歳の岩井明愛(あきえ・Honda)の猛追を振り切った。

 古江が強さを見せた。序盤から耐える展開が続き、5番でこの日初バーディー。10番で3連続バーディーを奪った岩井に並ばれた。15番で1つ伸ばした相手に首位を譲ったが、16番で取り返して首位タイ。デッドヒートを繰り広げ、入れれば勝ちとなる最終18番で3メートル強のバーディーパットを決めた。力強いガッツポーズを披露。大きな拍手を受けた。

 会見に出席した古江は一日を振り返った。

「本当に嬉しい気持ちでいっぱい。連覇も嬉しいし、所属先の大会での優勝が嬉しい。最後は絶対にパー、よくでバーディーという気持ち。(ウィニングパットは)3日間そんなにパットが入っていなかったけど、最後くらい決めたいという気持ちが強かった。

 バーディーが少ないのは悔しいですね。トップで攻めづらいところもあったけど、耐えながらバーディーを獲れてよかった。13番のボードで並んでいることを確認しました。しっかりバーディーを獲っていきたい気持ちもあったけど、落ち着いて、落ち着いて、獲れる時に獲ろうと思ってプレーしていました」

 最終18番の第1打でも「動揺はなかった。しっかりやらないといけないと奮い立たせる気持ち」と説明。メンタル面で意識していることについて「気持ちが上がりすぎている時は抑えるけど、今日はそこまでオーバーになっていなかった。いい感じで気持ちを整えられた。バーディーを獲らないといけないと思わず、ショット、パットに集中した」と明かした。

 今季から米女子ツアーを主戦場とし、7月のスコットランド・オープンで同ツアー初優勝を果たした。今回は所属先主催のホステス大会で約3か月ぶりの国内凱旋試合。国内ツアーの優勝は昨年11月のTOTOジャパンクラシック以来だった。

 次週のNOBUTA GROUP マスターズGCレディース(兵庫・マスターズGC)も連覇がかかる。「地元なのでしっかり頑張りたい」と先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集