[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヘビー級で11kg激痩せした世界的ボクサーに英紙強調「劇的な減量は変なことじゃない」

ボクシングの前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われる同級12回戦で同級5位ロバート・ヘレニウス(フィンランド)と対戦する。1年ぶりの再起戦。14日(同15日)は前日計量が行われ、前回より11キロも減量したボディーを披露した。英紙も肉体改造に注目し、「減量は変なことじゃない」と報じている。

2021年10月、フューリーと対戦したデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
2021年10月、フューリーと対戦したデオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

ワイルダーが肉体改造に英紙も注目

 ボクシングの前WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)は15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで行われる同級12回戦で同級5位ロバート・ヘレニウス(フィンランド)と対戦する。1年ぶりの再起戦。14日(同15日)は前日計量が行われ、前回より11キロも減量したボディーを披露した。英紙も肉体改造に注目し、「減量は変なことじゃない」と報じている。

 肉体改造を経て再起戦に臨む。ワイルダーは計量台に乗り、見せつけたのは引き締まった肉体。首、胴、腕とも一回りは細くなったようだが、力強く両腕で力こぶをつくった。体重は214.5ポンド(97.3キロ)。過去最重量238ポンド(約108.1キロ)だった1年前のタイソン・フューリー戦から一変した。

 英紙「デイリーメール」も激痩せぶりに注目。「ワイルダーが劇的な減量を披露」と見出しを打って報じた。海外ファンからは「細すぎる」「心配になる」と不安視する声が上がっていた肉体改造。しかし、同紙は以前にもワイルダーが214ポンド(97.1キロ)前後で戦っていたことに触れ、「36歳が土曜の試合に向けて減量するのは変なことじゃない」と強調した。

 ワイルダーは報道陣に対し、「俺に(引退まで)残された時間は3年しかない」「最高の状態で戦う準備はできているし、そうしたい。トップに返り咲くためなら何でもやる」と決意を述べたという。40歳を前に引退する可能性も示唆したようだ。

 42勝(41KO)の驚異的戦歴を誇るワイルダーも、現在はフューリーに2連敗中。「良い試合になるだろう。大陸に戻って、母国で試合をするということだ」と復活を懸けた一戦に言及した。肉体改造の効果を母国で示すことはできるのか。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集