[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「人生を変える一日に」 22歳中島啓太は6打差大逆転Vを諦めない「そこを目指します」

米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ第3日が15日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われた。5位で出た中島啓太(フリー)は1イーグル、1ボギーの69で回り、通算8アンダーで14位に後退。しかし、17番のボギー後、最終18番でイーグルを奪ったことをプラスに捉えた。首位を走る14アンダーのリッキー・ファウラー(米国)とは6打差。プロ転向3戦目の22歳は優勝を諦めていない。

ZOZOチャンピオンシップ、18番でイーグルを決めガッツポーズする中島啓太【写真:Getty Images】
ZOZOチャンピオンシップ、18番でイーグルを決めガッツポーズする中島啓太【写真:Getty Images】

米男子ゴルフツアー・ZOZOチャンピオンシップ第3日

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアー・ZOZOチャンピオンシップ第3日が15日、アコーディアG習志野CC(7079ヤード、パー70)で行われた。5位で出た中島啓太(フリー)は1イーグル、1ボギーの69で回り、通算8アンダーで14位に後退。しかし、17番のボギー後、最終18番でイーグルを奪ったことをプラスに捉えた。首位を走る14アンダーのリッキー・ファウラー(米国)とは6打差。プロ転向3戦目の22歳は優勝を諦めていない。

 最終18番パー5。中島が12メートルのイーグルパットを沈めた。勢いのあるボールは、カップの奥に当たって沈んだ。その瞬間、グリーン周りは大歓声に包まれた。普段は冷静沈着な22歳も右手を前に出しながら、「カモン」と叫んだ。

「このホールでバウンスバックをしないとここ(米ツアー)では戦えないと思っていました。イーグルが決まったことで、いいアンダーパーになりました」

 1番から16番まではパープレーを続けた。ピンチをしのぎつつ、バーディーパットが入らない展開。しかし、その流れは17番の3パットで崩れた。終盤に1ボギー。これで自分にプレッシャーをかけ、「最後にイーグルかバーディーを獲る」と腹を括った。

 アマチュア世界ランク1位のキャリアに終止符を打ち、9月にプロ転向した。国内ツアー2試合でプレーし、米ツアーの今大会に主催者推薦出場。頭にあるのは、今年1月にハワイで出場したソニー・オープンのリベンジだった。第2日を終えて5位につけながら、第3日にスコアを伸ばせず39位に後退。最終日は41位とさらに順位を落とした。「あの時は厳しいピン位置を攻め切れませんでした。でも、今日は打つべきところに打てていました」と胸を張った。

 最終日に向けてさらなる決意を口にした。

「人生を変えられる一日にしたいです。来年、プレーする場所も変えられるという意味です。そこを目指します」

 首位のファウラーとは6打差。逆転優勝を飾れば、米ツアー出場権を手にすることができる。アマ世界一として、マスターズ、全米オープン、全英オープンにも出場してきた若武者。自分の可能性を信じて上を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集