[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、際立つ勝負強さ 注目浴びる「ディサイディングセット」の高勝率

男子テニスのアルゼンチン・オープンで決勝進出を果たした世界ランク5位の錦織圭(日清食品)。準決勝では同77位のカルロス・ベルロク(アルゼンチン)に4-6、6-4、6-3とフルセットの末に勝利した。決勝では、今季初優勝をかけて同66位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。

歴代トップの勝率に「感銘的」

 男子テニスのアルゼンチン・オープンで決勝進出を果たした世界ランク5位の錦織圭(日清食品)。準決勝では同77位のカルロス・ベルロク(アルゼンチン)に4-6、6-4、6-3とフルセットの末に勝利した。決勝では、今季初優勝をかけて同66位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。

 そんな日本人について、ATP公式サイトでは、第3セットや第5セットなど勝敗が決まるセットでの勝率の高さに着目。フルセットになった際の勝負強さにスポットライトを当てている。

 準決勝の内容をレポートした記事では錦織のディサイディングセット(最終セット)の勝率の高さについて「感銘的」とレポート。この日でキャリア通算103勝31敗、勝率.769となり、歴代トップに立ち続けていることを紹介している。

 ATP公式サイトのデータによると、現時点で勝率7割以上は5選手のみ。2位はノバク・ジョコビッチ(151勝51敗、勝率.748)、3位はビョルン・ボルグ(119勝41敗、勝率.744)、4位はアンディ・マレー(146勝62敗、勝率.702)、5位はフアン・マルティン・デルポトロ(77勝33敗、勝率.700)と続いている。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集