[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アルゼンチン人コーチが語る錦織圭との歩み 視野に入れる今季目標とは…

男子テニスのアルゼンチン・オープンで決勝進出を果たした世界ランク5位の錦織圭(日清食品)。準決勝では同77位のカルロス・ベルロク(アルゼンチン)に4-6、6-4、6-3と逆転勝ちを収めた。決勝では同66位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。

2011年からコーチ就任、最初は文化的な違いもあったが…

 男子テニスのアルゼンチン・オープンで決勝進出を果たした世界ランク5位の錦織圭(日清食品)。準決勝では同77位のカルロス・ベルロク(アルゼンチン)に4-6、6-4、6-3と逆転勝ちを収めた。決勝では同66位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。

 その錦織を支える一人が、現在大会が開催されているアルゼンチン出身のダンテ・ボッティーニ氏。地元・アルゼンチンのテニス専門メディア「プントデブレーク」では、その2人の歩みについて特集している。

「2011年に(コーチを)始めた時、彼は世界ランキング98位だった。ケイが5位になるなんて想像もつかなかった」

 記事の中でこう語るボッティーニ氏は、マイケル・チャン氏らとともに結成した“チーム錦織”にあって重要な役割を果たす人物でもある。コーチになった当初は「多くの障壁、多くの文化的な違いがあった」ものの「話し合いでは解決できなかったものはなかった。私たちは互いを学んでいった」と、互いにリスペクトし合うことで錦織の成長を促したそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集