[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

62発ジャッジ、史上初の不名誉記録更新に米皮肉 「レギュラーシーズンプレイヤー」

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が14日(日本時間15日)、本拠地ガーディアンズとのア・リーグ地区シリーズ第2戦で5打数無安打4三振の大ブレーキを喫し、延長10回の末に2-4で敗れた。米メディアは“逆ポストシーズン男”として不名誉記録に注目している。

7回、三振に倒れたヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
7回、三振に倒れたヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

ジャッジが2試合7三振

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が14日(日本時間15日)、本拠地ガーディアンズとのア・リーグ地区シリーズ第2戦で5打数無安打4三振の大ブレーキを喫し、延長10回の末に2-4で敗れた。米メディアは“逆ポストシーズン男”として不名誉記録に注目している。

 今季ア・リーグ新記録の62本塁打を放ったジャッジは、初戦で3打数3三振1四球。この日の2戦目は4打席連続三振を喫した。エンゼルスの大谷翔平投手とMVP争いを演じるスラッガー。だが、米スポーツ専門局「ESPN」のデータ専門公式ツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」は公式ツイッターで“史上初”の不名誉な記録を紹介した。

「リーグの本塁打王で、そのポストシーズンに1試合4三振を記録した選手 今日のアーロン・ジャッジ 2017年のアーロン・ジャッジ 2017年のアーロン・ジャッジ 2017年のアーロン・ジャッジ ジャッジ4回。他の選手はなし」

 ジャッジは2017年にリーグトップの52本塁打を記録したが、ポストシーズンでは48打数27三振。本塁打4本を放った一方で、インディアンス(現ガーディアンズ)との地区シリーズでは1試合4三振を3度も喫していた。本塁打王のポストシーズン1試合4三振は過去にいないという。

 データに対し、米ファンは「球界のハーデン」「プレーオフの試合は別物」「ワオ! なんて記録なんだ?」「レギュラーシーズンプレイヤー」と皮肉交じりの声が上がったほか、「それでも、オオタニよりもMVP」と推すコメントも集まった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集