[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

生理の課題「男性にも知ってもらいたい」 女性も、男性も、自分の体を知ることの大切さ

一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)は9月6日、「女性アスリートのためのシンポジウム『生理とスポーツ』」を開催した。

「女性アスリートのためのシンポジウム『生理とスポーツ』」に登壇した元競泳日本代表の伊藤華英氏
「女性アスリートのためのシンポジウム『生理とスポーツ』」に登壇した元競泳日本代表の伊藤華英氏

「女性アスリートのためのシンポジウム『生理とスポーツ』」伊藤華英氏インタビュー

 一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS)は9月6日、「女性アスリートのためのシンポジウム『生理とスポーツ』」を開催した。

 このシンポジウムは、UNIVAS加盟大学である順天堂大スポーツ推進支援センターの協力により実現。元競泳日本代表の伊藤華英氏が登壇し、UNIVAS副会長であり、元マラソンランナーの有森裕子氏、元ハンマー投げ日本代表の室伏由佳氏らオリンピアンらと、女性学生アスリートの月経の問題について意見交換を行った。

現在、社団法人『スポーツを止めるな』の理事を務める伊藤氏は、同法人の生理×スポーツの教育・情報発信活動、『1252プロジェクト』のリーダーでもある。普段からトップアスリートや専門家とともに、女子学生アスリートの悩みに寄り添う活動を行う伊藤氏が、シンポジウム終了後、インタビューに答えた。

――今回、UNIVASはシンポジウムに参加する女子大学生アスリートに対し、生理に関する事前アンケートを実施(回答者数104名)。そのなかで、「生理に関する不調やトラブルが起きた際、誰に相談をするのか?」という問いに対し、家族(57.7%)、友人・競技仲間(46.2%)、産婦人科医(14.4%)の順に多く、コーチ・指導者は1%、教員はゼロという結果になりました。また、相談する相手がいないという回答も10%ありました。

「私たちの団体でも、中学生から大学生に対しアンケートをとっていますが、ほぼ同じ結果です。また、学生の42%は生理の悩みを抱えているにも関わらず、特に対策はしていないという人も63%いました。

 学生は家族、特に母親や友達に相談する方が多いかもしれません。でも、ほとんどの方には専門的な知識はなく、自分の経験からアドバイスをするしかありません。しかし、生理は十人十色。体調や痛み、あるいはメンタル面の変調など、生理によって現れる症状は一人ひとり異なります。

 今回の回答から、月経や女性の体について専門的な知識を持ち、かつ気軽に相談のできる存在の必要性を改めて感じました。同時に、知識を持つ指導者はいても、伝える機会や場所がなかったり、伝え方がわからなかったりするので、学生と指導者間のコミュニケーションも課題と感じます」

――女子学生アスリートと月経の話をすることはセクシャルハラスメントになるのでは? と心配される男性指導者もいます。月経トラブルは健康問題ですが、この手の話はなかなか消えません。

「月経に関する課題はその国の文化を象徴しています。例えば世界には、月経中は他人と会ってはいけないとする国もあります。日本では月経のことを人に話すのは恥ずかしいという感覚、隠す文化があります。

 しかし、選手、指導者、家族が体に関する正しい知識を持てば、月経の話をする際に『個人的な問題』『誰かに言いにくい』『恥ずかしい』『セクシャルハラスメントになる』という認識もなくなり、コミュニケーションが円滑になるのではと思っています。

 ところが、女性の健康について、そして月経がいかに女性の健康と関わるのかについては、あまりうたわれてきていないと私は日々感じます。まず、当事者である女子学生自身、生理の仕組みがわからない人が多い、という課題がある。ある統計では、生理について学んだのは小学生のときという回答が90%を占めていました」

1 2 3

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集