[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の秘話を元同僚マーティン告白 日本ハム時代に「クレイジー」と感じた場面とは

米大リーグの地区シリーズ第1戦、パドレス戦でプレーオフ初セーブを挙げたドジャースのクリス・マーティン投手が、日本ハム時代のエンゼルス・大谷翔平投手とのエピソードを明かした。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

ドジャースのクリス・マーティン(右)が、日本ハム時代のエンゼルス・大谷翔平とのエピソードを明かした【写真:Getty Images】
ドジャースのクリス・マーティン(右)が、日本ハム時代のエンゼルス・大谷翔平とのエピソードを明かした【写真:Getty Images】

地区シリーズ第1戦でプレーオフ初セーブを挙げたマーティン

 米大リーグの地区シリーズ第1戦、パドレス戦でプレーオフ初セーブを挙げたドジャースのクリス・マーティン投手が、日本ハム時代のエンゼルス・大谷翔平投手とのエピソードを明かした。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

 11日(日本時間12日)のパドレス戦の9回に登場し、1回1安打無失点で締めたマーティン。試合後はポストシーズン初セーブの記念球を受け取った。史上7位の通算394セーブを誇る守護神クレイグ・キンブレル投手がロスターから外れた穴を埋める活躍となったが、記事ではマーティンの苦労人ぶりにスポットライトを当てた。

「マーティンは(MLBで)2度ドラフトで選出されたが、契約せず。その後に肩を痛め、ロウズ(生活家電チェーン)とUPS(貨物運送会社)で働いていた。最終的に独立リーグのテキサスのグランドプレイリー・エアホッグスに落ち着いた」

 MLB球団と初めて契約したのは24歳。27歳でメジャーデビューにこぎ着けたが、ヤンキースとロッキーズで通算防御率は6.19と振るわず。そこで、NPBからオファーが届いたといい、日本ハム決断の理由を明かした。

「言いづらいけど、金銭面の保証が(日本行きの)大きな部分。契約ボーナスのようなものもなかったし、あまり若くもなかった。自分の状況はわかっていたんだ」

 守護神を務めるなど、2年連続で防御率1点台と躍動したが、当時21歳の大谷から“魔球”の指導を受けたという。記事では「経済的な成長は彼に成長の機会も与え、メジャーリーグ復帰に加えて成長できるほどだった。オオタニは彼にスプリットフィンガー・チェンジアップの握り方を教えたのだ」と報じている。

「彼を毎日見ることができたのは大きな喜びだったんだ」と振り返り、チームメートとして大谷の躍動を目の当たりにすることは喜びと語った右腕。空港などチームの移動中に大谷の“ボディガード役”を務めたこともあったという。

「日本では、通常運行便で移動するけど、彼を守るために押さなければいけないこともあったんだ。空港や駅ではたくさんのファンがいたからね。クレイジーだったよ」と語ったマーティン。記事では「マーティンはオオタニ劇場の最前列を手にしたのだ」と才能を開花させた日本ハム時代を表現していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集