[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、被弾直前のボール判定に監督怒り 米記者指摘「三振になるべきだった」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手がドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発。2回に2イニング連続となる本塁打を浴びた。しかし、パドレスの番記者からは直前のボール判定に対し、「三振になるべきだった」と指摘する声が上がっている。

ドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発しているパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】
ドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発しているパドレスのダルビッシュ有【写真:ロイター】

2回マンシーの打席、カウント0-2から投じた完璧なカーブが…

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手がドジャースとの地区シリーズ第2戦に先発。2回に2イニング連続となる本塁打を浴びた。しかし、パドレスの番記者からは直前のボール判定に対し、「三振になるべきだった」と指摘する声が上がっている。

 指摘が上がっているのは、1-1の同点だった2回先頭、マンシーを迎えた場面だ。2球で追い込んだダルビッシュはカーブを投げた。内角高めのストライクゾーンに決まったように見えたが、球審の手が上がらず。ボブ・メルビン監督はベンチで大きな声を上げ、明らかに不満顔。ダルビッシュは本塁方向にストライクゾーンより高いのか、内なのかを確認するようなジェスチャーを見せた。その後、ファウルで粘られたのち、カウント2-2から本塁打を浴びた。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターは「ユウ・ダルビッシュとボブ・メルビンはこの判定に納得できず」とこの判定の場面を動画付きで紹介。南カリフォルニアニュースグループのMLBレポーターのJ.P.ホーンストラ記者はMLB公式サイトのチャート図をもとに「ユウ・ダルビッシュと(投球位置の)ドットは、この打席がもっと早く終わるべきだったと信じている」とツイッターで指摘した。

 また、MLB公式サイトのパドレス番、AJ・カッサベル記者は「ユウ・ダルビッシュがゴージャスな69マイルのカーブをマックス・マンシーに投じ、ストライク3(三振)になるべきだった。4球後、マンシーが右翼席へ本塁打。2-1でドジャースのリード」とツイートした。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のパドレス番デニス・リン記者も「ユウ・ダルビッシュにとって残酷な一連の出来事。2ストライクからカーブをストライクゾーンに投じた。ストライク判定だった1球前よりも少し低かった。4球後、マックス・マンシーが勝ち越し弾」とツイッターで不満を露わにした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集