[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子、韓国撃破でメダル王手! 伊藤美誠&Wみゆうで8強、隙なしの5戦連続3-0勝利

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が5日、中国・成都で行われ、女子決勝トーナメント1回戦に臨んだ世界ランク2位の日本は、同4位の強豪・韓国に3-0で勝利。8強進出を決めた。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルを目指す大会。6日の準々決勝・スロバキア戦に勝利すればメダルが確定する。

世界卓球、韓国を破った日本女子の長崎美柚、伊藤美誠、木原美悠(左から)【写真:Getty Images】
世界卓球、韓国を破った日本女子の長崎美柚、伊藤美誠、木原美悠(左から)【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦、女子決勝トーナメント1回戦

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が5日、中国・成都で行われ、女子決勝トーナメント1回戦に臨んだ世界ランク2位の日本は、同4位の強豪・韓国に3-0で勝利。8強進出を決めた。3大会連続銀メダルから51年ぶりの金メダルを目指す大会。6日の準々決勝・スロバキア戦に勝利すればメダルが確定する。

 日本は伊藤美誠、木原美悠、長崎美柚の3人が出場した。第1試合、伊藤が17歳のキム・ナヨンと対戦。第1ゲーム(G)は序盤で1-7と大きくリードを許し、追い上げるも5-11で落とした。それでも第2Gは11-7で取り返すと、第3Gでは上手いブロックを見せるなど11-7で連取。第4Gも11-8で奪い、まずは日本が1点を取った。

 自身の世界卓球団体戦12連勝とした伊藤に続き、18歳の木原が第2試合に登場。イ・シオンと対決し、第1Gは11-8で先取。第2Gは10-10ともつれたが、最後はサービスエースで12-10と連取した。第3Gも接戦になりながら12-10で取り、日本が王手をかけた。

 勝利のかかる第3試合にはサウスポーの長崎美柚が出場。木原とのコンビで“Wみゆう”として期待され、今大会3勝の活躍で注目度急上昇中の20歳は、ユン・ヒョビンと対戦した。第1Gは6-11で今大会初めてゲームを落とす。第2Gは強気の攻めで11-9と取り返し、第3Gも11-6で連取。そのまま勝ちきって日本が勝利。予選から通じて5試合連続3-0のオールストレート勝ちとなった。

 51年ぶりの金メダルを狙う日本。3位決定戦がなく、メダル決定戦となる6日の準々決勝ではスロバキアと対戦する。なお、日本はこの日世界ランク3位の男子も同6位のブラジルに3-0で勝利。男女ともに8強入りを果たしている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集