[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エース依存からの脱却と2つの“シェア” 開幕2連勝のB1群馬、新任HCが仕掛ける変革

プロ2年目のPG菅原、実力者加入は「ありがたい機会」

 群馬の戦いを見て感じたのは、2つの“シェア”だ。1つはすでに説明したタイムシェアで、もう1つはボールシェアだ。

 トレイは過去2シーズン、群馬の圧倒的なエースだった。彼は196センチ・98キロのウイングプレーヤーだが、サッカーに例えるなら“司令塔兼ストライカー”のような仕事を引き受けてきた。ドリブル、パス、シュートとすべてに秀でた彼に自然とボールは集まり、ボールの専有率はチームでもダントツだった。

「昨シーズンはトレイ選手がボールを運んで、最初から最後までやる形が多かった。彼はどうしても責任感の強い選手なので『プレーをしなくてはいけない』『作ってこなければいけない』『決めてこなければいけない』となりがちでした。でもボールをシェアして、起点になる選手を増やすことで、彼に集まっていた(相手の)守備が分散して、今度はより彼が攻めやすくなる。そういう状況を作っていきたいと思っています」(水野HC)

 並里が不在のなかで、存在感を増しているのが筑波大から加入して2シーズン目のPG菅原だ。滋賀との2試合はいずれも先発し、20分前後のプレータイムを得ていた。プロとしてのキャリアは浅いが、トレイへの依存を解消するだけの貢献を示していた。

 水野HCは言う。

「今年の夏、菅原が前向きに一生懸命取り組んでいる姿を見ました。そういう姿勢に対しては、チャンスがあるべきだと僕は考えています。並里選手の怪我で、チャンスが目に見えるような形で出てきて、彼はそれをつかみ取ろうと必死にやっている段階です」

 一方、菅原自身はこう振り返っている。

「昨シーズンはチームとしても個人としても全然満足できませんでした。(オフは)アメリカに行って、いろいろなことを学びました。昨シーズン以上にしっかり準備したいと思って、早めに取り組んできました」

 昨シーズンの菅原は1試合平均の出場時間が13.3分で、3番手のPGだった。同じポジションの笠井康平が宇都宮ブレックスに移籍したものの、今季はそこに並里という問答無用のエース候補が加わった。チームには昨季の正PGだった42歳の大ベテラン五十嵐もいる

 彼はこの状況を前向きに受け止めていた。

「自分としては本当にありがたい機会だと思っています。(五十嵐)圭さんは昨シーズンから学ぶことが多くて、今回また違うタイプの(並里)成さんが来てくれました。『出られない』という(後ろ向きの)気持ちより、ワクワクが大きいです。成さんが怪我をする前は練習でもずっとバチバチやっていて、とても楽しかった。自分にとってはプラスです」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集