[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エース依存からの脱却と2つの“シェア” 開幕2連勝のB1群馬、新任HCが仕掛ける変革

バスケットボールのB1リーグに昇格して2シーズン目の群馬クレインサンダーズは、滋賀レイクスとの開幕シリーズを連勝で終えた。昨季の群馬は25勝30敗で、昇格チームとしては史上最高の勝率を記録した。今季は水野宏太ヘッドコーチ(HC)が就任し、日本人屈指のポイントガード(PG)並里成を獲得するなど、“さらに上”を目指す姿勢を示している。

群馬クレインサンダーズのPG菅原暉は、開幕2試合とも20分前後プレーし存在感を示した【写真:B.LEAGUE】
群馬クレインサンダーズのPG菅原暉は、開幕2試合とも20分前後プレーし存在感を示した【写真:B.LEAGUE】

B1リーグが開幕、水野宏太HC率いる昇格2年目の群馬が好発進

 バスケットボールのB1リーグに昇格して2シーズン目の群馬クレインサンダーズは、滋賀レイクスとの開幕シリーズを連勝で終えた。昨季の群馬は25勝30敗で、昇格チームとしては史上最高の勝率を記録した。今季は水野宏太ヘッドコーチ(HC)が就任し、日本人屈指のポイントガード(PG)並里成を獲得するなど、“さらに上”を目指す姿勢を示している。

 群馬は2019年のオーナーチェンジ、21年に発表された太田市へのホームタウン移転、23年春に完成する新アリーナの建設と、相当なスピード感で進化しているクラブだ。取材で訪れた太田市運動公園は、複数の催し物が用意され飲食店も豊富で、試合前から活気に満ちていた。ホーム移転2シーズン目にして、地元へ一気に浸透している様子を感じ取れた。

 活気はコート内も同様だ。92-71で快勝した2日の滋賀戦は、ベンチ入りした10人全員が10分以上のプレータイムを得ている。キーマンの並里を負傷で欠くなかで、菅原暉と五十嵐圭のPG陣がきっちり試合を作っていた。

 昨シーズンの群馬は主役と脇役がはっきり分かれていて、トレイ・ジョーンズやマイケル・パーカーといった主力は1試合平均で30分以上の出場時間を記録していた。しかし2日の試合は、2人とも26分台にとどまっている。

 40歳の新指揮官、水野HCは試合後にこう述べていた。

「昨日よりもしっかりプレータイムをシェアできて、すべての選手が得点につながるプレーをした。後半は13アシストで、ターンオーバーが3つです。ターンオーバーを大事な20分間で3つに抑えて、チームとしてのバスケットができたことを嬉しく思っています」

 水野HCが口にするのは“文化”の構築だ。

「文化とは、ただ強いチームであればいいということではありません。この地域の皆さんにしっかり応援してもらえる、応援したくなる、一緒に戦いたいと感じてもらえるチームになるべきだと思っています。各々が自発的に、当事者意識を持って、一つひとつの試合に諦めず臨む。そのような姿が皆さんの心に響くはずです」

 選手が入れ替わってもスタンダードの落ちない状態こそが、コート内の“良い文化”だろう。

「この2試合は“自分たちが作りたい文化”への第一歩です。もちろん勝敗はすごく大事ですが、2日目に1日目よりも良いゲームができたのは、大きな進歩でした」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集