[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に「『ごめん』と言ったよ」 ノーノー途切れた打球を捕れなかった遊撃手が謝罪

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。

アスレチックス戦で15勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦で15勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

8回2死からヒットを打たれ、遊撃手のソトがコメント「難しいプレーだった」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。

 記録が途切れたのは8回2死だった。大谷は左打者の6番カペルに対し、カウント1-2から投じたスライダーがやや高めに浮いた。これを弾き返したカペルの打球は三遊間へ。遊撃手のソトが飛びつき、打球に追いついてはいたが、弾いた。記録は安打となり、大谷のノーヒットノーランは夢と消えた。決してソトに非はないものの、ソトは大谷にわびたという。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者のツイートによると、ソトは「俺は彼の所に近づき、『ごめんなさい』と言った。難しいプレーだった。精一杯に頑張った。できるかできないかのプレーだった」と語ったという。大谷本人は試合後、「2ストライクから(球が)高くなったので、しょうがないかなという感じ」と自らの投球を反省した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集