[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃の15勝目に吹き荒れる米メディア絶賛「また投打でスペシャルな夜だった」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。

アスレチックス戦で力投するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
アスレチックス戦で力投するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

試合後から絶賛の嵐、敵地メディアも「怪物のノーノー挑戦はわずかに及ばず」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場し、8回2死までノーヒットノーランの快投。8回2安打1四球無失点10奪三振で自己最多15勝目を挙げ、史上初の投打規定到達にあと1イニングに迫った。

 米メディアも絶賛の108球だった。大谷は初回先頭に四球を出して以降は、縦に落とし、横に曲げる変幻自在のスライダーを武器に三振の山。7回まで無安打投球を継続し、8回も2死までアウトを奪った。大記録まであと4人から初ヒットを打たれ、この回限りで降板となったが、本拠地は大歓声だった。打っても初回に自らを援護するタイムリーで今季94打点目を挙げるなど、2安打1打点をマーク。史上初の投打規定到達にあと1イニングと“王手”をかけた。

 ツイッター上で、米記者も続々速報。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニのノーヒッターは8回2死で終了。彼は8回無失点で10奪三振。15勝8敗とし、161回で防御率2.35、213奪三振とした。さらに4打数2安打で連続安打試合数を14に伸ばした」と報じた。

 米テネシー州地元紙「ザ・コマーシャル・アピール」のエバン・バーンズ記者は「オオタニが今季15勝目。またもや投打でスペシャルな夜だった。毎回、見ていて驚かされる。我々は『一世代で屈指』という言葉をしばしば使うけど、彼こそが真の一世代で屈指の選手だ」と絶賛した。

 アスレチックスの地元である米カリフォルニア州地元局「KTTV」電子版は「アスレチックス戦でエンゼルスのショウヘイ・オオタニのノーヒッターは8回で途切れた」と見出しを打ち、「木曜夜、二刀流の怪物ショウヘイ・オオタニのノーヒッターへの挑戦はわずかに及ばなかった」と伝えた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集