[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花&勝みなみ、歴代女王14人の食事会で緊張のあいさつ「コースはザ・メジャー」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕する。27日はプロアマ大会後、チャンピオンズディナーが開催され、歴代優勝者14人が参加した。樋口久子、小林浩美ら大先輩が居並ぶ中、2021年優勝の勝みなみ(明治安田生命)と20年優勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が、乾杯の挨拶を行った。

日本女子オープンの歴代女王が集まった食事会の記念写真【写真:柳田通斉】
日本女子オープンの歴代女王が集まった食事会の記念写真【写真:柳田通斉】

日本女子オープンが29日開幕

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが29日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で開幕する。27日はプロアマ大会後、チャンピオンズディナーが開催され、歴代優勝者14人が参加した。樋口久子、小林浩美ら大先輩が居並ぶ中、2021年優勝の勝みなみ(明治安田生命)と20年優勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が、乾杯の挨拶を行った。

 日本女子ゴルフ界のレジェンドが集まった中、「黄金世代」の勝と原も参加した。20年、21年大会のチャンピオンズディナーはともにコロナ禍で中止となったため、3年ぶりの開催。乾杯の挨拶は、緊張のなかで勝と原が並んで行った。

勝「みなさん、こんばんは。本日は、このような素晴らしい会に参加できてうれしいです。コースは今年一、難しいセッティングに仕上っていまして、『ザ・メジャー』という感じで攻略しがいがあります。私も2連覇を目指して、まずは予選通過から頑張ります」

原「この大会は高校生の頃から憧れていて、優勝できた時はすごくうれしかったです。そして、初めてチャンピオンズディナーに参加させていただき、偉大な先輩方と同じところに名を刻めたことを誇りに思いました。また、今年もみなみちゃんと一緒に大会を盛り上げて、このカップを掲げられるように頑張ります」

 その後、歴代優勝者は大会役員を交え、2時間に渡って食事をしながら歓談。勝は樋口顧問に「トレーニングは月、水、金の週3回やっています」と説明し、感心される一幕もあった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集