[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“神対応”に敵ファンも虜 凡退した翌日の行動「私たちが愛する理由だ」【9月の二刀流】

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)は試合なし。チームは今季最後の休養日となった。9月はここまで打撃で5本塁打にOPS.900、投げては4戦3勝、防御率1.44と活躍しているが、名珍場面を「9月の二刀流」として振り返る。三振を喫した相手への粋な対応、熱視線を送る米国の少女の姿などが話題になった。

大谷翔平は9月も二刀流で躍動【写真:ロイター】
大谷翔平は9月も二刀流で躍動【写真:ロイター】

今月の名珍場面を振り返る

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)は試合なし。チームは今季最後の休養日となった。9月はここまで打撃で5本塁打にOPS.900、投げては4戦3勝、防御率1.44と活躍しているが、名珍場面を「9月の二刀流」として振り返る。三振を喫した相手への粋な対応、熱視線を送る米国の少女の姿などが話題になった。

〇5日(同6日) 三振奪われた相手野手への“神対応”を米メディア称賛

 2本塁打を放った本拠地タイガース戦。大差リードの8回の打席で、相手は野手が登板。大投手ロジャー・クレメンスの四男で、外野手登録のコディ・クレメンスと対戦した。最後は68.4マイル(約110キロ)を見逃して三振に。コディはガッツポーズで喜び、ボールは記念球として取っておくように求めていた。コディは一夜明けてインスタグラムのストーリー機能を使い、ケースに入ったボールの画像を投稿。そこには英語で「なんてエグイ投球なんだ!」とのメッセージと、大谷のサインが記されていた。

 米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」は「ショウヘイ・オオタニ、68マイルの三振を取られたコディ・クレメンスに最高にかっこいいプレゼント」との見出しで記事を掲載。「オオタニのこのユーモアセンスもまた彼が必見の才能である理由だ」「こうした彼の行動は応援したくなる。オオタニからのこのプレゼントをファンもまた愛しているのだ」と称賛していた。

 またタイガース公式ツイッターも画像を投稿。「懐の広いエンターテイナー」「私たちがショウヘイ・オオタニを愛する理由はこれ!」などと敵地ファンからも反響が多数集まっていた。

〇17日(同18日) 圧巻13勝目、敵番記者を「不公平だ」と脱帽させた1球

 本拠地マリナーズ戦では7回3安打無失点、8奪三振の快投で13勝目。6回、先頭に左打者のJ.P.クロフォードには、カウント2-2から外角低めに88マイル(約141キロ)のスライダーを投げ込んだ。ゾーンいっぱいの投球に、全く手を出せず見逃し三振。大谷も小さくガッツポーズを見せた。

 MLB公式サイトでマリナーズ番を務めるダニエル・クレーマー記者はこの一球に注目。ツイッターに「J.P.クロフォードはショウヘイ・オオタニの不公平なバックドアのスライダーで空振り三振」と投稿。大谷の変化球に白旗を掲げたほか、米投球分析家の「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も実際の映像を公開した。米ファンからは「超エゲツない」「やばすぎる」「これで打点も決めている」「率直に言ってキラーピッチ」などと驚きの声が上がった。

〇3日(同4日) 熱投111球を観戦した米少女の観戦風景が話題に

 本拠地アストロズ戦では111球の力投で8回6安打1失点。勝ち星はつかなかったが、2-1のサヨナラ勝ちに貢献した。エンゼルスタジアムの観客席で、試合前から大谷に熱視線を送っていた1人の少女がいた。米放送局「NFLネットワーク」でアナリストを務めるアダム・ランク氏の娘で、カウボーイハットに背番号17のユニホーム姿。ブルペン裏最前列でウォーミングアップをする大谷を見つめていた。

 ランク氏は実際の画像をツイッターに公開。娘と観戦したことを報告し、文面では「ショウヘイ・オオタニの登板を見るのは魔法のようだ。ブルペン裏に陣取った。我々は恵まれているよ」と記した。米ファンから「オオタニは最高だよ」「オオタニを嫌いな人が理解できない」「私がそこで観戦したら熱狂しちゃうわ」「素敵な写真だわ!」とコメントが寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集