[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

香川真司、桃田賢斗ら14選手が参加 “スポーツの力”で地方活性化の新プロジェクト始動

アスリートのマネジメント事業を展開する株式会社UDN SPORTSが、26日に新たなプロジェクト「地方からミライを」を立ち上げ、東京・渋谷で所属選手たちによるトークセッションを開催した。同プロジェクトはSDGs(持続可能な開発目標)の達成へ向けた取り組みで、水沼宏太(サッカー)、桃田賢斗(バドミントン)、楢崎智亜(スポーツクライミング)、楢崎明智(スポーツクライミング)、橋岡優輝(陸上)、大竹風美子(7人制ラグビー)の6選手が、それぞれの立場からSDGsへの思いや取り組みを語り合った。

トークセッションに登壇した(左から)大竹風美子、橋岡優輝、桃田賢斗、水沼宏太、楢崎智亜、楢崎明智の6選手とUDN SPORTSの薗田淳氏【写真:高橋学】
トークセッションに登壇した(左から)大竹風美子、橋岡優輝、桃田賢斗、水沼宏太、楢崎智亜、楢崎明智の6選手とUDN SPORTSの薗田淳氏【写真:高橋学】

トップアスリート所属のUDN SPORTS、「地方からミライを」の発足を発表

 アスリートのマネジメント事業を展開する株式会社UDN SPORTSが、26日に新たなプロジェクト「地方からミライを」を立ち上げ、東京・渋谷で所属選手たちによるトークセッションを開催した。同プロジェクトはSDGs(持続可能な開発目標)の達成へ向けた取り組みで、水沼宏太(サッカー)、桃田賢斗(バドミントン)、楢崎智亜(スポーツクライミング)、楢崎明智(スポーツクライミング)、橋岡優輝(陸上)、大竹風美子(7人制ラグビー)の6選手が、それぞれの立場からSDGsへの思いや取り組みを語り合った。

 UDN SPORTSは、景気低迷や新型コロナウイルスによる影響で苦しむ社会に対して、所属選手が出身地や縁のある地域に貢献したいという思いを形にするため、地方の活性化に取り組むプロジェクトをスタート。今後は株式会社『地方企業からミライを』と連携し、同社の「スポーツには地域を活性化させる力がある」(梶暢介社長)という理念に賛同する形で、第一線で活躍するアスリートたちがアンバサダーとして地方企業の活動に協力し、日本の経済・社会を盛り上げていく。

 提供するサービスでは、企業などがこのプロジェクトを経由することにより、プロアスリートのキャスティング費用を大幅に抑えること(初期費用0円、月額費用のみ)が可能で、選手の肖像もアンバサダーとして利用できる。地方に多い中小企業にとっては、地元選手との連携による発信力アップが期待でき、このプロジェクトにはトークセッションに参加した6人に加えて、香川真司、柴崎岳、冨安健洋(いずれもサッカー)ら総勢14人のUDN SPORTS所属選手が参画し、今後もさらに増えていくという。

 この日のイベントでは、参加アスリートが出身地への思いやそれぞれのSDGsへの関心、取り組みについて語り合った。世界バドミントン選手権で2度の優勝を誇る桃田は、SDGsで掲げられる目標の中で関心のあるテーマに「すべての人に健康と福祉を」を挙げて、「バドミントンは子供からお年寄りまで年齢に関係なくできるスポーツだと思っています。シャトルとラケットがあれば、室内でも外でもできるので、自分で施設を造るとか、体育館や公園で活動できたらいいですね」と、誰もが取り組みやすいバドミントンによる健康増進を説いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集