[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女王・安井友梨、涙のビキニフィットネス7連覇 68歳・丹羽裕子はミスフィットネスV

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」が19日に神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で開催され、14部門で優勝者が決まった。ビキニフィットネス163センチ超級では、安井友梨が優勝。大会7連覇を達成し、その後のオーバーオール審査でも頂点に輝いて涙を見せた。

オーバーオール審査で優勝し、笑顔で降壇する安井友梨【写真:中戸川知世】
オーバーオール審査で優勝し、笑顔で降壇する安井友梨【写真:中戸川知世】

オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス

 日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス」が19日に神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で開催され、14部門で優勝者が決まった。ビキニフィットネス163センチ超級では、安井友梨が優勝。大会7連覇を達成し、その後のオーバーオール審査でも頂点に輝いて涙を見せた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ビキニフィットネスは158センチ以下級、163センチ以下級、163センチ超級の3部門が行われた。安井は前日行われたマスターズの35~39歳160センチ超級でも優勝していたが、この日も壇上では圧倒的な存在感を放った。7連覇となり、他の部門の優勝者と競ったオーバーオール審査も制すと、感極まって涙も見せた。

 またボディフィットネスも同じく身長別の3部門で開催され、158センチ以下級を制した大谷美咲がオーバーオール審査も優勝した。またミスフィットネスでは68歳の丹羽裕子が優勝した。女子の各部門優勝者は下記の通り。

■ボディフィットネス
・大谷美咲(158センチ以下級)
・金子真紀子(163センチ以下級)
・田村美知世(163センチ超級)

■ビキニフィットネス
・小谷野彩香(158センチ以下級)
・ダンシーあずさ(163センチ以下級)
・安井友梨(163センチ超級)

■ミスフィットネス
・丹羽裕子(オーバーオール)

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集