[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海外ゴルフで米選手がダウン コースで見舞われた“悲劇”に同情の声「彼も人間だ」

海外ゴルフの新ツアー・LIVゴルフの第5戦が18日(日本時間19日)まで米シカゴで行われ、電撃移籍を果たした今年の全英覇者キャメロン・スミス(オーストラリア)が通算13アンダーで優勝した。最終日には世界一の飛ばし屋と言われるブライソン・デシャンボー(米国)がまさかのハプニングに直面。米記者がその様子をとらえた動画を公開。米ファンからは「痛そう」「かわいそうだ」といった声が寄せられている。

ブライソン・デシャンボーがハプニングに直面【写真:Getty Images】
ブライソン・デシャンボーがハプニングに直面【写真:Getty Images】

米シカゴで開催されたLIVゴルフ第5戦

 海外ゴルフの新ツアー・LIVゴルフの第5戦が18日(日本時間19日)まで米シカゴで行われ、電撃移籍を果たした今年の全英覇者キャメロン・スミス(オーストラリア)が通算13アンダーで優勝した。最終日には世界一の飛ばし屋と言われるブライソン・デシャンボー(米国)がまさかのハプニングに直面。米記者がその様子をとらえた動画を公開。米ファンからは「痛そう」「かわいそうだ」といった声が寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 何とも痛々しい光景が繰り広げられたのは、シカゴのゴルフコース、リッチ・ハーベスト・ファームズの14番ホール。第2打の後にデシャンボーは観客をかき分けながらコースに戻るため、コースと観客を仕切るために設置されたロープをくぐろうとした。

 その際、キャディーが先にロープを上げてくぐったが、デシャンボーがくぐる前に下ろしてしまったために、ロープがデシャンボーの顔面を直撃。ロープの反動で大きく体がのけぞるほどの衝撃で、被っていたキャップも吹き飛んだ。痛さのあまり、デシャンボーは顔面を抑えながらその場にしゃがみ込んでしまった。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のゴルフ担当、カイル・ポーター記者は「ブライソンがダウン」との言葉とともに動画を公開。米ファンからは「痛そう!」「100%キャディーのせい」「ロープが顔面直撃」「かわいそうだ」「見続けてしまう」といった同情の声が寄せられた。

 米ゴルフ専門サイト「ゴルフ.com」も「ブライソン・デシャンボーが奇妙なロープ事件で動揺した」との見出しでこのハプニングを報道した。「ブライソン・デシャンボーは誰よりも球を遠くに飛ばすが、彼も人間だった。それを日曜に証明した」「14番パー4の第2打の後、デシャンボーは引っかかってしまった」と説明。「デシャンボーが明らかに動揺しており、立ち上がってからも自分を取り戻そうと頑張っていた」とリポートしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集