[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ビキニフィットネスで肉体美の競演 絶対女王・安井友梨が貫禄V、道端カレンは4位入賞

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ」が18日に神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で開催され、ビキニフィットネス35~39歳160センチ超級では安井友梨が優勝。その後のオーバーオール審査でも1位に輝き、世界フィットネス選手権のA代表の座を手にした。

ビキニフィットネス35~39歳160センチ超級では安井友梨が優勝【写真:中戸川知世】
ビキニフィットネス35~39歳160センチ超級では安井友梨が優勝【写真:中戸川知世】

オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ

 日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)主催の「オールジャパン マスターズ フィットネスチャンピオンシップ」が18日に神奈川・茅ヶ崎市民文化会館で開催され、ビキニフィットネス35~39歳160センチ超級では安井友梨が優勝。その後のオーバーオール審査でも1位に輝き、世界フィットネス選手権のA代表の座を手にした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 赤いビキニで参戦した38歳の安井。これまで数々の栄誉を手にしてきた“絶対女王”は、鍛え抜かれた肉体と美しいポージングで圧倒的な存在感を放ち、他の部門の優勝者と競ったオーバーオール審査でも優勝した。

 同40~44歳160センチ超級にはタレントでモデルの道端カレンが出場。競技2年目ながら決勝に残り、4位入賞を果たした。ステージを降りると「嬉しい!」と喜んだ。

 この日はボディフィットネス、メンズフィジークも含め計15部門で競技が行われ、メンズフィジーク50歳以上172センチ以下級では3度の世界王者に輝いている50歳・田村宜丈が優勝した。

 19日は同会場で身長別の日本一などを決める「オールジャパン フィットネス チャンピオンシップス」が開催される。

【各部門優勝者】

■ボディフィットネス
・大谷美咲(35~44歳160センチ以下級)
・安田千秋(35~44歳160センチ超級)
・渡利寛子(45~54歳160センチ以下級)
・齋藤優子(45~54歳160センチ超級)
・長島雅子(55歳以上オーバーオール)

■ビキニフィットネス
・渡邉美月(35~39歳160センチ以下級)
・安井友梨(35~39歳160センチ超級)
・小林尚美(40~44歳160センチ以下級)
・橋本智(40~44歳160センチ超級)
・関根秀子(45歳以上160センチ以下級)
・長瀬陽子(45歳以上160センチ超級)

■メンズフィジーク
・関口貴夫(40~49歳172センチ以下級)
・大島健一郎(40~49歳172センチ超級)
・田村宜丈(50歳以上172センチ以下級)
・大浦信浩(50歳以上172センチ超級)

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集