[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで生まれた珍三振 大谷キラーのレ軍捕手、思わぬ妙技に米ファン驚き「何だこれ」

MLBで珍しい三振が生まれ、話題となっている。12日(日本時間13日)に行われたマーリンズ―レンジャーズのダブルヘッダー2試合目で、レンジャーズ捕手がファウルチップを予想外の方法でキャッチ。米ファンからも「何だこれ」「面白い三振」と驚きの声が寄せられている。

レンジャーズのジョナサン・ハイムが見せた“珍キャッチ”に驚きの声【写真:ロイター】
レンジャーズのジョナサン・ハイムが見せた“珍キャッチ”に驚きの声【写真:ロイター】

12日のマーリンズ戦で見せたレンジャーズ捕手の“珍キャッチ”

 MLBで珍しい三振が生まれ、話題となっている。12日(日本時間13日)に行われたマーリンズ―レンジャーズのダブルヘッダー2試合目で、レンジャーズ捕手がファウルチップを予想外の方法でキャッチ。米ファンからも「何だこれ」「面白い三振」と驚きの声が寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 妙技か、それとも美技か――。7回、1-2と追い込まれたマーリンズの先頭打者JJ.ブレディは4球目のカットボールをスイング。これはファウルチップとなり、レンジャーズのジョナサン・ハイム捕手のマスクに当たり、ボールが高く宙に浮いた。衝撃を体に受けたハイムだったが、すぐに上空を見上げると右上方にあったボールに気づく。俊敏に動き、素手でスライディングキャッチしてみせた。

 ファウルチップが自分の体に当たり、地面にバウンドする前にキャッチしたため、記録上は三振に。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」公式ツイッターは「キャッチャー、ジョナ・ハイム。なんというキャッチ!」との文言を添えて動画を公開した。米ファンからは「インクレディブル!」「何だこれ」「面白い三振の奪い方」「年間最高キャッチの候補!」「クールなこと」「これは三振?」といった反響が寄せられている。

 ハイムは4月14日(同15日)のエンゼルス戦で大谷翔平投手から満塁弾を放つなど2打数2安打5打点。5月17日(同18日)の同戦でも3打数3安打2打点と大暴れし、この時点で打率1.000の“大谷キラー”として注目された。7月28日(同29日)の第1打席でも左前打を放ったが、その後は一併殺、空振り三振。対大谷の今季通算成績は8打数6安打7打点としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集