[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私は天才と思っていた」 18歳で中国賞金女王、セキ・ユウティンが謙虚に掴んだ初V

中国賞金女王が味わった日本ツアーのレベル

 たどたどしい日本語で振り返った。福井で生まれ、両親の母国・中国に移住したのは4歳の時。7歳でゴルフを始めた。ジュニアで36勝。高校を卒業した1年目の2016年に中国女子ツアーの賞金女王に輝いた。

「私は自分のことが偉い選手で、天才だと思っていました」

 しかし、17年から日本のツアーを主戦場にすると、予選落ちを繰り返した。「自分のせいじゃない。環境に慣れていないから」と思うようにしていたが、次第に気持ちが変化していった。

「日本の選手のレベルが高いです。だから、私は何も考えずにたくさん練習することを止め、謙虚になってちゃんと考えて練習するようにしました」

 勝みなみから紹介されたトレーナーの指導を受けてパワーアップ。今年6月のアース・モンダミンカップまでは左足を少し浮かせる「一本足打法」もあり、ドライバー飛距離を約30ヤード伸ばした。その後、ショットの方向性が不安定になったことで打法変更。より深いバックスイングからのショットで飛距離を維持している。

 苦しんできたパターイップスも、グリップの握力を一定に保つことを意識して克服。「恋人もほしい」という思いも封印し、日本で優勝するためにゴルフに打ち込んできた。

「私の年齢、恋人とか彼氏とか同性の友だちとかと遊びたいとか、そういう経験もしたいのですが、ゴルフ以外ではそれも苦労のワンポイントでした。やっぱり、ゴルフ練習を頑張るといろいろと諦めないといけない。同時は難しいですから(笑)」

 苦労の末に一つの夢を叶えた24歳。「若くて力があるうちに世界一のアメリカツアーに挑戦したいです」。次の夢を問われると、「(国内)メジャー優勝です」と即答した。次週は国内ツアーの日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯(8~11日、京都・城陽CC)。この勢いで再び頂点をつかみにいく。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集