[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に被弾した投手がまさかのガッツポーズ 勘違い反応に驚きの声「天国→地獄」【8月の二刀流】

米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)の試合はなし。大谷翔平投手は8月、打っては打率.317に8本塁打、投げても2勝で防御率2.20と活躍した。最終日のヤンキース戦では劇的な決勝3ランを放つなど躍動した1か月。名珍場面を「8月の二刀流」として振り返る。今回は「珍事編」。被弾した相手投手が勘違いのガッツポーズを見せるシーンなどが話題になった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

8月の名珍場面を振り返る、今回は「珍事編」

 米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)の試合はなし。大谷翔平投手は8月、打っては打率.317に8本塁打、投げても2勝で防御率2.20と活躍した。最終日のヤンキース戦では劇的な決勝3ランを放つなど躍動した1か月。名珍場面を「8月の二刀流」として振り返る。今回は「珍事編」。被弾した相手投手が勘違いのガッツポーズを見せるシーンなどが話題になった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

〇13日(同14日) 被弾した投手が“まさか”の勘違いリアクション

「2番・DH」で出場した本拠地ツインズ戦、8回に26号ソロを放った大谷。被弾したジョアン・デュラン投手のリアクションも注目を集めた。中堅方向に打球が飛ぶと、フライアウトをアピールするかのように右手を上げる。フェンス手前で中堅手がジャンプ。グラブに収まったようにも見え、デュランは両手を挙げてガッツポーズした。しかし、事実を知った直後に頭を抱え、悔しそうな表情を浮かべた

 このシーンの動画を、米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のツインズ番アーロン・グリーマン記者がツイッターに公開。「デュランは(中堅手の)バクストンがオオタニの本塁打をキャッチしたと思った。しかし、その後にそうでないと気付いてしまった」と速報した。米ファンも「今まで見た光景の中で一番面白い」「惜しかった」と注目。日本人ファンも「天国→地獄」「捕った!…とおもったら捕れてなかったときの投手のリアクション」と驚きの声などが上がった。

〇27日(同28日) 11勝目の裏で…球審に“無視”されるも幸運判定

 敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、今季11勝目をマーク。この試合では8回の打席で「ラッキー」な判定に遭遇した。フルカウントから、相手右腕ガルシアの投球直前にタイムをとった。しかし、直前過ぎたためか、球審はこれを“無視”する格好に。ただ、89マイル(約143.2キロ)のスライダーは高めに外れて四球となった。

 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者はツイッターに動画を公開。「これは面白い」「オオタニは幸いなことにボールを得た」と注目した。仮にストライクだったら見逃し三振、しかも一塁走者がスタートを切っていたため、ダブルプレーの恐れもあった。それだけに米ファンからも「オオタニはラッキー」「スーパースターだからこうなった」といった反応が寄せられていた。

〇19日(同20日) タイガースに“移籍”しかけた試合前の珍事

 敵地タイガース戦前、コメリカ・パークに入った大谷は慣れない敵地だからなのか、珍事に見舞われたようだ。MLB公式サイトのタイガース番ジェイソン・ベック記者は試合前、自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニを含む複数がコメリカ・パークで道を間違え、タイガースのクラブハウスに入りかけた」と伝えた。スタジアム内で“迷子”になった模様。トレード期限は過ぎており、冗談交じりながら移籍を望む米ファンの声も上っていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集