[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の8月は「キャリアで最も攻撃的1か月」 圧倒的な打撃指標「184」に米記者注目

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、8月27試合に出場し、打率.320、7本塁打、17打点と打撃好調。米記者は指標を紹介しながら「ショウヘイのキャリアで最も攻撃的な1か月だった」と称賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

8月の大谷は打率.320、7本塁打、17打点

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、8月27試合に出場し、打率.320、7本塁打、17打点と打撃好調。米記者は指標を紹介しながら「ショウヘイのキャリアで最も攻撃的な1か月だった」と称賛している。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ベーブ・ルース以来の「年間2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を決めた8月。大谷のバットは輝きを見せ、月間7本塁打を記録したほか、打率も3割超えだった。今季では5月に並ぶ月間最多の本塁打数で、日本人初の2年連続30本塁打達成へあと1本に迫っている。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者はセイバーメトリクスの指標「wRC+」で8月の大谷を回顧。「wRC+」とはリーグ平均を100とした場合の得点創出能力。一般的に160を超えると非常に優秀な打者に分類される。

 同記者はツイッターで「wRC+で184を記録し、8月のショウヘイ・オオタニはキャリアの中で最も攻撃的な1か月を過ごした」と振り返った。また「184という数字はトラウトを除けば、21世紀のエンゼルスの打者の中で最高の数字」と記して、アルバート・プホルスやブラディミール・ゲレーロといった往年の大打者を超えたスタッツであったと紹介した。

 5試合に先発登板しながら記録した驚異の打撃成績。米ファンからは「オオタニは月間MVPを受賞すべき」とのコメントも見られた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集