[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダイヤ400個ド派手シューズでテニス全米に登場 元女王に羨望の声「歴史に残る衣装」

テニスの4大大会・全米オープンは29日(日本時間30日)に女子シングルス1回戦が行われ、4大大会通算23勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)はダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)を6-3、6-3のストレートで下し、2回戦に進出した。今大会限りでの現役引退を示唆している元女王はド派手なウェアで躍動。米記者がウェアの詳細を公開し、米ファンからは「これが女王の衣装」「光り輝いている」といった反響が出ている。

女子シングルス1回戦に出場したセリーナ・ウィリアムズ【写真:ロイター】
女子シングルス1回戦に出場したセリーナ・ウィリアムズ【写真:ロイター】

テニス全米オープン女子、セリーナの衣装とは

 テニスの4大大会・全米オープンは29日(日本時間30日)に女子シングルス1回戦が行われ、4大大会通算23勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)はダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)を6-3、6-3のストレートで下し、2回戦に進出した。今大会限りでの現役引退を示唆している元女王はド派手なウェアで躍動。米記者がウェアの詳細を公開し、米ファンからは「これが女王の衣装」「光り輝いている」といった反響が出ている。

 全米6勝の実績を誇るセリーナは今大会、ツアー長期離脱選手への救済制度の適用を受けて出場。今月9日に自身のSNSなどで今大会限りでの現役引退を示唆し、特別な思いでコビニッチ戦に臨んだ。その思いは“衣装”にも表れ、黒で統一されたミニワンピース風のウェアと光り輝くシューズでプレーした。

 観客の度肝を抜くウェアについて、米スポーツ専門局「ESPN」のニック・デパウラ記者は自身のツイッターで画像とともに詳細をこう伝えた。

「セリーナ・ウィリアムズが全米オープンで、フィギュアスケートの衣装から着想を得たウェアを着る。全米6勝に敬意を示して、6つのレイヤーからできている。シューズには手作業で付けられた400個のダイヤモンドが散りばめられている」

 米ファンからは「テニスクイーン」「彼女は最高だ」「これが女王の衣装」「歴史に残る衣装」「シューズにダイヤモンド!?」「光り輝いている」「このシューズ欲しい」「美しい」といったコメントが寄せられている。

 1回戦を突破したセリーナは、9月1日の2回戦で世界ランク2位のアネット・コンタベイト(エストニア)と対戦する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集