[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、決勝29号の米インタビュアーが“敬意”の日本語挨拶「アリガトウ、マタネ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発し、同点で迎えた5回に決勝の29号2ランを放った。エンゼルスは4-3で競り勝って4連勝。試合後に応じた現地放送局のインタビューでは、米国のインタビュアーが最後に日本語で「またね」と挨拶するシーンも見られた。

5回に決勝の29号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
5回に決勝の29号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ヤンキース戦に「3番・DH」で先発出場し、29号決勝2ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は29日(日本時間30日)、本拠地ヤンキース戦に「3番・DH」で先発し、同点で迎えた5回に決勝の29号2ランを放った。エンゼルスは4-3で競り勝って4連勝。試合後に応じた現地放送局のインタビューでは、米国のインタビュアーが最後に日本語で「またね」と挨拶するシーンも見られた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 驚異的なペースで本塁打を量産するヤンキース・ジャッジが50号ソロを放つなど“MVP候補対決”で盛り上がった一戦で、大谷はヒーローになった。試合後は米専門局「MLBネットワーク」のインタビューに応じ「(相手投手のモンタスの)スプリットは素晴らしいボールですが、今日は数多く見ることができたので、たまたま最後にいい形になったと思います」と決勝アーチについて語った。

 インタビュアーを務めたのは「MLBネットワーク」のジョン・モロシ記者。MVPの翌シーズンのモチベーション維持などについても聞き、大谷は一つひとつ丁寧に対応していた。最後はモロシ記者が日本語を交え「ショウヘイ。どうもありがとうございます。サンキュー。またね」と“敬意”を込めて挨拶。大谷はにこやかに握手した。

 MLBネットワークの公式ツイッターが動画を公開。米ファンからは「THE MVP」「この試合で最高の選手」といった声が寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集