[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ上田桃子、日米を沸かせた男性大物アスリートと交流 ファン「羨ましい!」

28日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス(北海道・小樽CC)は通算9アンダーとした稲見萌寧(Rakuten)の大会連覇で幕を閉じた。稲見から3打差の通算6アンダーで5位に入った上田桃子(ZOZO)はプロアマ戦で「スーパースター」と交流。報告にはファンから「素敵な2人」「羨ましい」などと反響が寄せられている。

上田桃子【写真:Getty Images】
上田桃子【写真:Getty Images】

ニトリレディスのプロアマ戦で対面

 28日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・ニトリレディス(北海道・小樽CC)は通算9アンダーとした稲見萌寧(Rakuten)の大会連覇で幕を閉じた。稲見から3打差の通算6アンダーで5位に入った上田桃子(ZOZO)はプロアマ戦で「スーパースター」と交流。報告にはファンから「素敵な2人」「羨ましい」などと反響が寄せられている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 ニトリレディス開幕前日の24日に行われたプロアマ戦。青空のもと、上田がプロアマ戦で対面したのは“平成の怪物”こと松坂大輔氏だった。

 ウェアブランド「パーリーゲイツ」の紺シャツをまとった上田は、グレーのシャツなどで爽やかにまとめた松坂氏と笑顔で2ショット写真を撮影。インスタグラムの投稿文面には松坂氏がメジャーで登板した試合を見たことがあることなどを記し「日本の選手がピッチャーという責任あるプレッシャーの中戦われてる姿に感動したのを今も凄く覚えてます! いつお会いしても、気さくで誰にでも優しくて本当に強い選手はやっぱり凄いなぁ……と感動ばかりでした」と記した。

 さらに「ラウンド中はずっとシャドースイングし続けられてた松坂さん。ゴルフも更に進化しそうでした」と書き加えたほか、「勉強になりました」「スーパースター」とのハッシュタグもつけた上田。ファンからは「素敵な2人」「羨ましい」「豪華なツーショット」「2人ともスーパースターです」「怪物」など羨望のコメントが寄せられている。

 上田は4アンダーの3位で終えた初日のラウンド後の会見で、松坂氏からトレーニング方法やメンタルの保ち方などについて「開き直ることも大事」といった言葉をもらったことも明かしていたが、「スーパースター」の矜持を改めて感じたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集