[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「ただの悪魔」と表現された3球 驚きのキレに米注目「物理的に可能なの?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発。7回2安打無失点、9奪三振の好投で11勝目を挙げた。翌28日(同29日)は打者として28号2ランを放つなど連勝に貢献。連日の活躍となったが、米投球分析家は投手・大谷が7回に投げた変化球に注目。実際の映像に米ファンからは「ただの悪魔」「安打不可能だった」などと驚きの声が寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

ブルージェイズ戦で投打に活躍

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発。7回2安打無失点、9奪三振の好投で11勝目を挙げた。翌28日(同29日)は打者として28号2ランを放つなど連勝に貢献。連日の活躍となったが、米投球分析家は投手・大谷が7回に投げた変化球に注目。実際の映像に米ファンからは「ただの悪魔」「安打不可能だった」などと驚きの声が寄せられている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 右打者を苦しめた。9つの三振を奪い、メジャーの年間勝利数で自己最多を更新した大谷。7回に鋭いスライダーが光った。ストライクゾーンから外角に大きく変化し、最後はボールとなる投球。見極められない打者はバットが出てしまう。このイニング対戦したボ・ビシェット、マット・チャプマンはいずれもスライダーで三振。ビシェットは外角の後、内角を攻められて手が出なかった。

 7回に投じたスライダー3球のキレ味に、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が注目。ツイッターに映像を公開し「ショウヘイの不公平なスライダー」と記した。

 キレキレの投球映像には米ファンも驚いた様子。「エグい、エグい、エグい」「これは物理的に可能なのか?」「ただの悪魔」「ビデオゲームの画面」「打者が気の毒」「この動きはヤバイ」「この日のスライダーは安打不可能だった」「この球は禁止にすべきだ」などとコメントが集まっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集