[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マイル無敗の現役最強馬、中距離G1も6馬身差の圧勝劇 英驚愕「観客は涎を垂らした」

海外競馬のG1英インターナショナルステークス(芝2050メートル)が17日、英ヨーク競馬場で行われ、断然人気のバーイード(牡4・ハガス、父シーザスターズ)が2着馬に6馬身差をつけて優勝し、通算成績は10戦10勝となった。勝ち時計は2分9秒3。最強マイラーが初めて臨んだ中距離レースで、観客だけでなく関係者の度肝を抜く圧勝劇。競馬ファンからは「アメージング」「モンスター」といった驚愕の声が上がっている。

G1英インターナショナルステークスで優勝したバーイード【写真:Getty Images】
G1英インターナショナルステークスで優勝したバーイード【写真:Getty Images】

英G1インターナショナルステークスで昨年優勝馬に6馬身差

 海外競馬のG1英インターナショナルステークス(芝2050メートル)が17日、英ヨーク競馬場で行われ、断然人気のバーイード(牡4・ハガス、父シーザスターズ)が2着馬に6馬身差をつけて優勝し、通算成績は10戦10勝となった。勝ち時計は2分9秒3。最強マイラーが初めて臨んだ中距離レースで、観客だけでなく関係者の度肝を抜く圧勝劇。競馬ファンからは「アメージング」「モンスター」といった驚愕の声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 レース創設から50年という伝統の中距離G1は、1頭取り消しとなって6頭立てでスタート。過去9戦はいずれも1マイル(1600メートル)以下のレースで、今回が初の中距離挑戦となったバーイードは序盤、折り合い重視で後方2番手からレースを進めた。勝負所では外から徐々に進出を開始。最後の直線では馬群の中に進路を求めた。

 そこでも全くひるむことなく、他馬が仕掛ける中でもクローリー騎手は手綱を持ったまま馬群を裁いて先頭に躍り出る。先に抜け出し、懸命に追われる昨年の優勝馬ミシュリフを横目にムチを1発、2発入れると一気に加速。悠々とストライドを伸ばし、最後は追うのをやめるほどの大楽勝を飾った。ミシュリフには何と6馬身もの差をつけた。

 英競馬番組「レーシングTV」の公式ツイッターは「バーイードはパーフェクト、10点中10点」と文言を添えてレース映像を公開。海外ファンからは「アメージングでワンダフル」「信じられないパフォーマンス」「卓越的な騎手」「驚異的」「シンプルに輝いている」「モンスターだ」「素晴らしきチャンピオン」といったコメントが寄せられている。

 また、英専門誌「レーシングポスト」も「インターナショナルSで瞬殺劇を披露したバーイードに称賛の嵐」との見出しで記事を掲載。「バーイードの大勝利に、観客たちは涎を垂らした。その中には元トップ騎手のジョン・ムルタも含まれる。ムルタはこの勝利を『この競技がずっと待ち望んだ最高のパフォーマンス』と称した」とし、過去に日本で騎乗経験があるジョン・ムルタ調教師のコメントも紹介した。

 マイル無敗→中距離初挑戦のインターナショナルステークス圧勝は、2012年に同レースを制した“怪物”フランケルと同じ歩み。次走は未定だが、ファンの注目は高まるばかりだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集