[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平のアピール実る? 勝ち越し被弾→一転ファウルに…米記者「判定が覆った」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。3回に相手の1番打者フリオ・ロドリゲス外野手に右翼ポール際に大飛球を放たれ、本塁打と判定された。しかし大谷はファウルをアピール。審判団の協議の後、ファウル判定となった。

マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。3回に相手の1番打者フリオ・ロドリゲス外野手に右翼ポール際に大飛球を放たれ、本塁打と判定された。しかし大谷はファウルをアピール。審判団の協議の後、ファウル判定となった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ヒヤリとした。3回先頭でロドリゲスと対戦した大谷。5球目が右翼ポール際への大飛球となった。客席に飛び込んだ打球は勝ち越し本塁打の判定に。しかし、大谷は手を上げてファウルであるとアピールした。審判団によるリプレー検証が行われ、判定が覆ってファウルになった。仕切り直しの対戦で、大谷はロドリゲスを空振り三振に仕留めた。

 このシーンにMLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「フリオ・ロドリゲスは右翼線に飛球を放ち、本塁打と宣告された。しかし、審判団が集まりファウルの判定」と実際の動画とともにツイッターで速報した。

 一方、MLB公式サイトのマリナーズ番、ダニエル・クレイマー記者は「フリオ・ロドリゲスはショウヘイ・オオタニから本塁打を打った? 一塁塁審のブライアン・オノラはフェアの判定を下したが、その後ファウルに覆った。スコット・サービス監督はチャレンジ。しかし、ファウルのままだった」とツイートした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集