[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、足が速すぎた“悲劇”に米反応様々 「彼は正しい」「ボーンヘッド走塁」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に「2番・DH」で先発し、26号ソロを含む4打数1安打1打点だった。チームは延長11回で5-3のサヨナラ勝ち。延長10回の攻撃では、相手のファインプレーと大谷の積極的な走塁から“悲劇”が生まれた。米記者は動画を公開。大谷の走塁に対し、米ファンは「彼は正しい」「ボーンヘッド走塁」と注目した。

大谷翔平は積極走塁を見せるもダブルプレーに終わる【写真:ロイター】
大谷翔平は積極走塁を見せるもダブルプレーに終わる【写真:ロイター】

大谷翔平の積極走塁が生んだシーンとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地ツインズ戦に「2番・DH」で先発し、26号ソロを含む4打数1安打1打点だった。チームは延長11回で5-3のサヨナラ勝ち。延長10回の攻撃では、相手のファインプレーと大谷の積極的な走塁から“悲劇”が生まれた。米記者は動画を公開。大谷の走塁に対し、米ファンは「彼は正しい」「ボーンヘッド走塁」と注目した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 試合は同点でタイブレーク方式の延長に突入した。3-3の10回裏1死三塁で大谷は申告敬遠。続くレンヒーフォは初球を強振し、ライナー性の打球が中堅前方に飛んだ。やや前進守備の中堅手バクストンがダイビングキャッチ。スタートを切っていた大谷は二塁ベース手前で急ブレーキをかけ、ベースをオーバーした。大急ぎで戻ったが、ボールは一塁に転送されてダブルプレー。エンゼルスのチャンスは消滅した。

 一連の動画をMLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者がツイッターに公開。「エンゼルスは一、三塁でレンヒーフォを迎えた。中堅にライナーを打ったが、バクストンに捕られた。さらにショウヘイ・オオタニが走っていたため、ダブルプレーとなり、10回が終了した」と紹介した。

 相手のファインプレーと速すぎた大谷の足が重なって生まれた“悲劇”。コメント欄の米ファンは「オオタニは興奮しすぎていた?」「併殺の可能性を減らそうとした?」「ボーンヘッド走塁」「ただの不運」「ショウヘイは正しいことをした」と同情など様々な反応を見せた。

 米ミネソタ州の地元放送局「バリー・スポーツ・ノース」公式ツイッターは「バイロン・バクストンはツインズを救った」とつづっている。チャンスを失ったエンゼルスだが、11回のウォードのサヨナラ2ランで勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集