[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 捕手がかわいそう!? バットにもミットにも当たらないナックルに米驚愕「凄い変化」

捕手がかわいそう!? バットにもミットにも当たらないナックルに米驚愕「凄い変化」

ナックルボールはどうして、こう人を魅了するのか。米大リーグで、あのナックルボーラーが投じた1球が、また話題を集めている。レッドソックスのスティーヴン・ライト投手が驚異の落差を誇る“魔球”を披露。MLBが公式ツイッターで動画を公開すると、ファンの度肝を抜いている。

スティーブン・ライト【写真:Getty Images】
スティーブン・ライト【写真:Getty Images】

レッドソックスの右腕・ライトの急降下ナックルがまたまた話題に

 ナックルボールはどうして、こう人を魅了するのか。米大リーグで、あのナックルボーラーが投じた1球が、また話題を集めている。レッドソックスのスティーヴン・ライト投手が驚異の落差を誇る“魔球”を披露。MLBが公式ツイッターで動画を公開すると、ファンの度肝を抜いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 いつ見ても驚きの軌道だ。11日(日本時間12日)の敵地オリオールズ戦。レ軍の右腕・ライトは、0-0の2回1死一塁の場面で左のデービスを迎えた。2ストライクと追い込んでの3球目だ。

 67.8マイル(約109キロ)の1球は、外角から、ほぼ回転しないままホームベースの手前で急激に沈んだ。ベース手前でワンバウンドしたが、デービスのバットは止まらない。豪快に空を切った。

 当てられなかったのは打者だけではない。捕手のバスケスすら、ミットに当てられないのだから急激な変化量がわかるだろう。圧巻の1球を、MLBが「回転速度は過大評価だ」と記して無回転ナックルを公開。ファンからは、驚愕と共に捕手に同情するコメントも相次いでいた。

「かわいそうなキャッチャー」

「凄い変化」

「絶対におかしい」

「ナックルボールよ永遠に」

 ライトは7回途中4安打無失点と好投。白星はつかなかったが、チームは延長12回に2点を勝ち越し、2-0で勝利した。今季は8試合の登板で、防御率1.21と抜群の安定感を誇るナックルボーラー。今後、注目度と共にチームでの役割も増していきそうだ。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー