[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 良馬場でも強すぎた! 米競馬の新星が41年ぶり無敗3冠、現地紙称賛「支配的に勝利」

良馬場でも強すぎた! 米競馬の新星が41年ぶり無敗3冠、現地紙称賛「支配的に勝利」

競馬の米国3冠レースの最終戦、ベルモントステークスが9日(日本時間10日)に行われ、マイク・スミス騎手が騎乗した1番人気のジャスティファイが優勝。ケンタッキーダービー、プリークネスステークスに続き、無敗で3冠を達成した。3冠達成は2015年のアメリカンファラオ以来3年ぶり13頭目だが、無敗でのトリプルクラウン制覇は1977年のシアトルスルー以来、41年ぶり史上2頭目の快挙。米メディアは「支配的な形で勝利した」と強さを称えている。

3冠を達成したジャスティファイ【写真:Getty Images】
3冠を達成したジャスティファイ【写真:Getty Images】

過去の2戦とは打って変わった待望の良馬場で41年ぶりの無敗3冠達成

 競馬の米国3冠レースの最終戦、ベルモントステークスが9日(日本時間10日)に行われ、マイク・スミス騎手が騎乗した1番人気のジャスティファイが優勝。ケンタッキーダービー、プリークネスステークスに続き、無敗で3冠を達成した。三冠達成は2015年のアメリカンファラオ以来3年ぶり13頭目だが、無敗でのトリプルクラウン制覇は1977年のシアトルスルー以来、41年ぶり史上2頭目の快挙。米メディアは「支配的な形で勝利した」と強さを称えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 過去の2戦、ケンタッキーダービーは田んぼのような不良馬場。プリークネスステークスは濃い霧に覆われた視界不良の中でのレースと、悪コンディションで行われていたが、この日は待望の晴天で良馬場。圧倒的な1番人気に推されたジャスティファイは、スタートから先手を奪うと、そのまま主導権を握り、最後まで力強いレースぶりで、後続を寄せ付けなかった。

 米紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「ベルモントステークス優勝でジャスティファイが史上13頭目の三冠達成」と見出しをつけて速報した。

「ジャスティファイは無敗でケンタッキーダービー、プリークネスステークスを制し、シアトルスルーに並んだ」と記事で伝え、調教師のボブ・バファートにとって3冠制覇は3年前のアメリカンファラオ以来2度目で、2度達成した調教師は史上2人目の快挙とも紹介している。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー