[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、同点生んだ四球の打席で“邪魔者と格闘” SNS反応「目の前に飛んできた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第3打席で四球を選んだが、最後の投球がパスボールとなり三塁走者が生還。2-2の同点となった。日本のファンはその直前にあった光景にも注目。ツイッター上では「大谷君の敵は虫だったw」「虫を追い払うタニー」などと反応していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦に「2番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、本拠地アストロズ戦に「2番・DH」で先発出場。2回の第3打席で四球を選んだが、最後の投球がパスボールとなり三塁走者が生還。2-2の同点となった。日本のファンはその直前にあった光景にも注目。ツイッター上では「大谷君の敵は虫だったw」「虫を追い払うタニー」などと反応していた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 1点を追う4回2死三塁の場面。大谷が打席で“邪魔者”を追い払った。相手先発のバルデスと対峙し、バットを構える……が、突然やめた。顔の前に虫が来たようだ。仕切り直した後、カウント1-3からの5球目を見て四球。これを相手捕手マルドナドが後逸し、大谷が手招きする中三塁走者スタッシがホームインした。

 ツイッター上では「これも大谷くんの圧だな」「ラッキー」「何もしなくても打席に立つだけでチームに点が入る大谷」と日本人ファンも反応していたが、虫に対するコメントも。「思わず笑ってしまった」「大谷くん目の前飛んできた虫にびっくりしてて可愛らしい」「大谷君の敵は虫だったw」「虫を追い払うタニー」「虫にびっくりしてるタニさんかわいい」などと書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集