[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新谷仁美、マラソン直前に「心穏やかに」3連発 事前会見で笑顔なし「それだけです」

オレゴン世界陸上は15日(日本時間16日)に開幕する。14日(同15日)は日本代表の一部選手が会見。女子マラソン代表の新谷仁美(積水化学)、一山麻緒(資生堂)、松田瑞生(ダイハツ)は日本時間18日午後10時15分号砲のレースへ意気込みを語った。

オレゴン世界陸上の会見に出席した女子マラソン代表の新谷仁美、一山麻緒、松田瑞生(左から)【写真:浜田洋平】
オレゴン世界陸上の会見に出席した女子マラソン代表の新谷仁美、一山麻緒、松田瑞生(左から)【写真:浜田洋平】

オレゴン世界陸上が15日開幕

 オレゴン世界陸上は15日(日本時間16日)に開幕する。14日(同15日)は日本代表の一部選手が会見。女子マラソン代表の新谷仁美(積水化学)、一山麻緒(資生堂)、松田瑞生(ダイハツ)は日本時間18日午後10時15分号砲のレースへ意気込みを語った。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 新谷はトラック種目で世陸の経験はあるが、マラソンは初めて。「心穏やかに終わりたいです。力まずに気楽に頑張りたい」。心境を問われてポツリ。会見場で笑顔はなく、ピリピリムードを漂わせた。

 1万メートルの日本記録を持ち、東京五輪は同種目で出場。13年ぶりマラソン挑戦となった今年3月の東京マラソンは、2時間21分17秒の7位だった。レース後は「二度と走りたくない」とトラックを主軸にすることを示唆していたものの、マラソンに再挑戦。繰り返し質問を受けたが、「私は心穏やかに大仏になって気持ちで走りたいと思います。以上です」と言葉少なだった。

 一山と松田が米アルバカーキの高地合宿で調整してきた一方、新谷は「私は日本が大好きなので」と長野で合宿した。ここまでの調整具合について「私は過程を見てほしいというようなアピール的なことをしない。結果が全ての人間なので、結果を見ていただきたい。結果が出れば納得します」とキッパリ。「意識している選手は?」との問いにも、「意識しておりません」と返した。

 コースの印象については、「本当にカーブ、コースが狭い印象。後半はバラけると思うけど、スタートから10~15キロ、最初の森のコースは狭い」と説明。「下を見ていないといけない。端によりすぎると、日本みたいに整備されていないので、そこで足を取られる可能性がある。気を付けないといけない」と警戒した。天候については「恵まれた気候で、日本のようなモアっとした感じがない。むしろ(午前6時15分号砲の)最初は手袋をしてもいいのかなと感じます」と対策を明かした。

 最後に、世界陸上だけにこれまでのレースと違う心境があるのかという質問が飛んだ。しかし、新谷は「私はとにかく心穏やかに終わりたいです。それだけです」。自らに言い聞かせるように、3度目の「心穏やかに」が飛び出した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集