[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三浦龍司、予選敗退は「論外」 五輪7位快挙の3000m障害「勝ち抜くことにこだわる」

オレゴン世界陸上は15日(日本時間16日)に開幕する。14日(同15日)は日本代表の一部選手が会見。男子3000メートル障害に出場する三浦龍司(順大)は、決勝進出を最低限の目標に置いた。

オレゴン世界陸上の会見に出席した三浦龍司(中央は田中希実、右はサニブラウン・ハキーム)【写真:浜田洋平】
オレゴン世界陸上の会見に出席した三浦龍司(中央は田中希実、右はサニブラウン・ハキーム)【写真:浜田洋平】

オレゴン世界陸上が15日開幕

 オレゴン世界陸上は15日(日本時間16日)に開幕する。14日(同15日)は日本代表の一部選手が会見。男子3000メートル障害に出場する三浦龍司(順大)は、決勝進出を最低限の目標に置いた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 三浦は東京五輪で日本人初の7位入賞。「自信をつけられたし、タイムも満足できるものだった。ワクワクしているし、凄くポジティブな気持ちでこの大会を迎えられる。東京五輪のように臨む気持ちは変わらない。積極的にチャレンジして決勝に残ることが大前提」と力を込めた。大会初日に予選を迎える。

 メンタル強化にも励んできた20歳。世界陸上は初出場だ。「東京五輪で決勝に進んだけど、海外の選手にのまれた。うまく緊張をコントロールすることをやってきた。東京五輪でメンタル面で成長できたと思う。そこ(海外選手)に対抗できるように、勝ち抜くことにこだわっていきたい」。結果にこだわる気持ちは強い。

 高校3年時に合宿をした地。「懐かしいな」と感慨に浸りつつ、当時からの成長を感じている。「世界陸上で何をすれば自分が満足できるか考えたけど、まずは決勝に行かなければ論外というか、満足できない。まずはそこを突破すること」と強い決意を示した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集