[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、強豪アストロズ主砲も「脱帽だ」と絶賛「打者によって異なる攻め方をする」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。大谷にやられたアストロズの主砲アレックス・ブレグマン内野手も「脱帽だ」と絶賛している。米メディアが伝えている。

6回12奪三振1失点の好投で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
6回12奪三振1失点の好投で9勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

アストロズ戦で12K&9勝目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、本拠地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。打っては2回に自らを援護する2点三塁打を放ち、投げては12奪三振の力投で6回4安打1失点。メジャー自己最多タイとなる9勝目を挙げた。大谷にやられたアストロズの主砲アレックス・ブレグマン内野手も「脱帽だ」と絶賛している。米メディアが伝えている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 圧巻の活躍だった。大谷は打っては1点リードの2回2死一、二塁から相手先発ハビエルの96マイル(約154.5キロ)直球を引っ張り、右翼線への2点三塁打で自らを援護。投手としては最速101マイル(約162キロ)の剛速球にスライダーも冴え、日本人では野茂英雄に続き2人目の4戦連続2ケタ奪三振をマークした。

 強力打線を有するアストロズを1点に抑えた大谷。米テキサス州地元紙「ヒューストン・クロニクル」は試合後のブレグマンのコメントを紹介。「打席は悪くなかったと思う。もっと上手くできたと思うし、それはみんな分かっている。明日は新たな一日。立て直す。(大谷には)脱帽だ。彼は今日、良いピッチングをした」と大谷を称賛した。

 MLB公式サイトも同様にブレグマンのコメントを掲載。この日大谷から1安打を放っていたが、「彼(大谷)はたくさんの良い球を持っている。打者によって異なる攻め方をしてくる。本当に良い投球をする。直球はかなり速いし、スライダーは曲がる。スプリットとカーブもそうだね」と多彩な投球に舌を巻いていた。

 早くも昨季に並ぶ9勝目を挙げ、打っても4打数2安打2打点の活躍。チームを7-1の勝利に導き、またも連敗を5で止めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集