[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

12K大谷翔平、唯一安打したアストロズ捕手も称賛「彼は今夜、間違いなくノっていた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。6回途中までパーフェクトに封じる快投だったが、初安打を放ったアストロズ選手も「投打両面で信じられないほどの才能」「打つのがかなり難しい投球だったよ」と称賛していた。

アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
アストロズ戦で6回1安打無失点、12奪三振と好投したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

6回途中までパーフェクト、今季初勝利

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投を披露し、今季初勝利をあげた。6回途中までパーフェクトに封じる快投だったが、初安打を放ったアストロズ選手も「投打両面で信じられないほどの才能」「打つのがかなり難しい投球だったよ」と称賛していた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 キレキレだった。大谷は初回から奪三振ショーを展開。低めに鋭く速く落ちるスプリット、大きく曲がるスライダーなどが面白いように決まり、3回から4回にかけてはアストロズ打線から6者連続奪三振を記録。6回1死に中前打を打たれるまでパーフェクト投球を続け、嬉しい今季初勝利を手にした。

 大谷のパーフェクト投球を終わらせたのが、8番打者のジェイソン・カストロ捕手だった。MLB公式サイトのアストロズ番ブライアン・マクタガート記者がインタビュー映像をツイッターに公開。カストロは「完全試合だとは気づいていなかったんだけど、無安打なのは分かっていた。もちろんそれをできるだけ早く終わらせたいものだよね」と打席での気持ちを語った。

 大谷については「彼は投打両面で信じられないほどの才能に恵まれた選手。彼は今夜間違いなくノっていた。緩急のついた投球、バックドアのスライダー、スプリットも非常に効果的だった。打つのがかなり難しい投球だったよ」と称賛。打ったのはスライダーだったと明かし「上手くは当たらなかったけど、野球は時にそういうもの」と幸運だったと口にしている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集