[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、12K初勝利の裏で生まれたMLB史上初の記録 米実況「歴史を作ったのです!」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投で今季初勝利。打っても4打数2安打2打点1四球と、投打の大暴れでチームの6-0の勝利に貢献した。初回の攻撃は打者一巡の猛攻となり、大谷はマウンドに上がる前に2打席に立ったが、これがメジャー史上初の出来事だと話題になった。

初回、フェンス直撃の2点二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
初回、フェンス直撃の2点二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

初回、登板前に2打席に立つ

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、敵地アストロズ戦に「1番・投手」で先発出場。投げては6回1安打無失点、自己最多タイ12奪三振の好投で今季初勝利。打っても4打数2安打2打点1四球と、投打の大暴れでチームの6-0の勝利に貢献した。初回の攻撃は打者一巡の猛攻となり、大谷はマウンドに上がる前に2打席に立ったが、これがメジャー史上初の出来事だと話題になった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 6回途中までパーフェクト投球を披露した大谷。投手としてより目立ったこの試合だが、野手としても活躍した。初回、先頭打者として四球を選ぶと、その後チームが打者一巡の猛攻。2死満塁の状況で第2打席が回ってきた。2番手左腕テイラーの外角速球を逆らわずに逆方向へ。もう少しで満塁ホームランかという打球はフェンス直撃の2点二塁打になった。

 米ロサンゼルスで中継している地元テレビ局「バリー・スポーツ・ウェスト」では、投球前に2度打席に入った先発投手となったことがMLB史上初であるというデータを紹介。実況も4回表に「オオタニはすでに歴史を作っているのです」と二刀流の歴史的躍動を興奮気味に伝えていた。

 エンゼルスのマット・バーチ広報担当も自らのツイッターで、主に北米主要リーグの記録を扱うデータ会社「エリアス・スポーツ」のデータで史上初の偉業であることを確認したと伝えている。投げてはアストロズ打線を制圧した大谷だが、初回の出来事も思わぬ記録となったようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集