[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ライオンズ応援歌が発車メロディに 狭山線全3駅で7月22日から、吠えろライオンズなど

プロ野球・西武と西武鉄道は、「ライオンズフェスティバルズ2022」の開催初日である2022年7月22日の初電車から、狭山線全3駅で発車メロディをライオンズの応援歌に変更すると発表した。これは、野球観戦の行き帰りで多くの人が利用する狭山線3駅の発車メロディをライオンズ仕様にすることで、「電車に乗っている間も、野球観戦へ向かうワクワク感や試合後の余韻に浸っていただきたい」という想いから企画された。

西武球場前駅【写真:球団提供】
西武球場前駅【写真:球団提供】

ライオンズフェスティバル2022開催初日から

 プロ野球・西武と西武鉄道は、「ライオンズフェスティバルズ2022」の開催初日である2022年7月22日の初電車から、狭山線全3駅で発車メロディをライオンズの応援歌に変更すると発表した。これは、野球観戦の行き帰りで多くの人が利用する狭山線3駅の発車メロディをライオンズ仕様にすることで、「電車に乗っている間も、野球観戦へ向かうワクワク感や試合後の余韻に浸っていただきたい」という想いから企画された。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 変更する駅は狭山線の西所沢駅、下山口駅、西武球場前駅の3駅で、それぞれ「吠えろライオンズ」、「若き獅子たち」、「地平を駈ける獅子を見た」に変更する。この3曲はいずれもベルーナドームでの試合開催時に球場内で流れており、ファンには馴染み深い楽曲。なお、下山口駅では初めてのメロディ変更となる。詳細は以下のとおり。

■「吠えろライオンズ(新)」(メロディの曲調をリニューアル)
・作詞/作曲:作詞・石川優子、作曲・石川優子
・使用するホーム:西所沢駅2番ホーム狭山線(西武球場前方面)のりば
※1番ホームおよび3・4番ホームの発車メロディは変更しない

■「若き獅子たち」(通常の発車メロディから新たに設定)
・作詞/作曲:作詞・門谷憲二、作曲・伊藤薫
・使用するホーム:下山口駅

■「地平を駈ける獅子を見た」(「吠えろライオンズ」から楽曲を変更)
・作詞/作曲:作詞・阿久悠、作曲・小林亜星
・使用するホーム:西武球場前駅1~6番ホーム
※山口線ホーム(7・8番ホーム)の発車メロディは変更しない

【使用期間】2022年7月22日初電車~当面の間
※「ライオンズフェスティバルズ2022」終了後も使用する
※発車メロディに歌は含まれない

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集