[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、大会新-18で今季2勝目! 野澤真央と一騎打ち、独走モード一変から強さ発揮

女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われ、単独首位で出た21歳・西村優菜(スターツ)が4バーディー、2ボギーの70で回って通算18アンダーで今季2勝目を飾った。15アンダーの大会記録を更新。3週ぶりのツアー通算6勝目。3打差の2位で出た野澤真央(愛知製鋼)との激しい優勝争いを制した。

今季2勝目を飾った西村優菜【写真:Getty Images】
今季2勝目を飾った西村優菜【写真:Getty Images】

ニッポンハムレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われ、単独首位で出た21歳・西村優菜(スターツ)が4バーディー、2ボギーの70で回って通算18アンダーで今季2勝目を飾った。15アンダーの大会記録を更新。3週ぶりのツアー通算6勝目。3打差の2位で出た野澤真央(愛知製鋼)との激しい優勝争いを制した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 西村が終盤に強さを見せた。前半のバーディーは4番のみと伸ばしきれず。後半の10番で1つ伸ばしたが、12番でボギーをたたいた。13番パー4の第2打でグリーンを外すと、アプローチもグリーンに乗らず。パターで寄せて連続ボギー。独走モードだったが、ここまで3つ伸ばして猛追する野澤と首位で並んだ。しかし、西村は14番で1つ取り返し、右拳で小さくガッツポーズ。野澤もバーディーで首位タイのまま最終盤に入った。

 野澤が15番第2打をフェアウェー右の池に入れ、痛恨のダブルボギー。一方、西村はパーオンからロングパットをねじ込み、力強く拳を握った。野澤は16、17番で連続バーディーで猛追。しかし、西村は1打差で迎えた18番第2打をグリーン右手前のバンカーに入れた末、好アプローチで寄せる土壇場のパーセーブで逃げ切った。

 2000年度生まれの「プラチナ世代」と呼ばれる学年で、今大会第2日にはホールインワンを達成。勝負強さを見せ、栄冠を手にした。今後はエビアン選手権、全英女子オープンと海外メジャー2戦に向かう。

 野澤は1打差の2位。2打差の3位にペ・ソンウが続いた。14アンダーの4位に福田真未、山下美夢有、森田遥。12アンダーの7位に稲見萌寧が続いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集