[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、過去50年で投打No.1の記録 最強HR王超えを米称賛「とんでもない」「驚愕」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、驚異的な数字を残していた。今季も投打で結果を残す二刀流。MLB公式テレビ局「MLBネットワーク」は打者としての得点圏長打率、投手としての得点圏被長打率の過去50年ベスト3を公開した。大谷は両数字でNo.1となり、米ファンから「シンプルにクレイジー」と称賛されている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平、得点圏の長打率&被長打率に着目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、驚異的な数字を残していた。今季も投打で結果を残す二刀流。MLB公式テレビ局「MLBネットワーク」は打者としての得点圏長打率、投手としての得点圏被長打率の過去50年ベスト3を公開した。大谷は両数字でNo.1となり、米ファンから「シンプルにクレイジー」と称賛されている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷の勝負強さが数字で証明された。同局は8日(日本時間9日)、ツイッターに2枚の画像を公開。過去50年のMLBにおいて、得点圏長打率(400打席以上)と得点圏被長打率(対戦打者200人以上)のベスト3を明らかにした。

 大谷の得点圏長打率は.621で1位。同僚のマイク・トラウトが.616で2位だった。3位は.615のマーク・マグワイア氏と続いた。1998年に70本塁打をマークし、通算583本塁打を放った往年の最強打者を大谷が上回っていた。

 同じく過去50年の得点圏被長打率では、大谷が.201で堂々の1位に。2位に.211のデリン・ベタンセス氏、3位に.226の人類最速アロルディス・チャップマンが続いた。大谷はヤンキースの名投手を超える成績を残している。

 同局はツイッターの文面に「ショウヘイ・オオタニは私たちが見たことない何か」と記して投稿。米ファンからは「野球界で最もクレイジーな成績」「とんでもないな」「彼はスペシャル」「非現実的。MVPだ」「シンプルにクレイジー」「ただただ驚愕」とコメントが相次いでいる。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集